アイドルの元メンバー がいた時代を知らないのに、オタクはなぜまるで知っているかのように布教したくなるのか?

旧メンバーを知らないのにまるで知っているかのように 自慢 したくなる

スポンサーリンク




アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

私はアイドルを見るとき、すでに辞めてしまった旧メンバーを今さら好きになることがあります。

(ももクロで言うあかりんのような)

なかなか理解してくれる方が少ないのは寂しいです。

問題はどうしてこんな気持ちになるのか私自身、原因が分かっていませんでした。

そこで今回は元メンバーを好きになるこの心理について考えてみました。

 

 

旧メンバーがいたあの頃を布教したくなる気持ち

やっぱり、古参オタクのみんなってとても偉くてスゴイんですよ。

だって流行によってではなく、そのアイドルの魅力にいち早く気付いているわけですからね。

 

YouTubeのコメント欄には「私元々あかりん推しだった。」のようなコメントが”今さら”あります。

その気持ちが私にはすごく分かります。

あかりんがいた時代は知らないけれど、動画を見たりネットで検索する。そんな時間がすごく楽しかったです。

 

 

たとえば楽曲も、自分が興味を持つ以前にリリースされた曲を探して、

好きになっていくことのほうが多いです。

ピンキージョーンズとかchaimaxとかが今だに一番好きで。

新曲はなぜかあまり好きになりませんでした。

 

アイドルオタクといえば、ライブに駆けつけ、CDを買って握手会に参加する、

今を追いかけるものだと思うけど、

私は真逆で「過去」を遡ることに楽しさを感じます。

この過去を追いかける現象はどこからきているのでしょうか?

 

 

広告:アイドルの今を写真に残そう!

 

過去を掘り下げるのは、自分を認めてもらうため

私はあかりんと同い年で、高校2年生の時にももクロを好きになりました。

当時、人間関係に辛いことがあったため、ももクロのストーリーやメンバー同士の絆に感動しました。

私が知りたい過去は同じ時を生きる、同じ境遇を持つ人の過去。

 

そこでこんな風に他人の過去を自慢したくなるのは、当時の分の気持ちを誰かに理解して欲しいからだと思いました。

今となってはどうすることもできない。あの時誰かにこの気持ちをわかって欲しかった。

きっと彼女なら私の気持ちをわかってくれるはずだし、その先には同じような気持ちを持つ人達がいるはずです。

 

 

私はそうやっていつまでも過去を思い返すことばかりだけど、

アイドルたちは自分なんかよりも大変な経験をして頑張ってるって思ったら、また前を見れるし、

嫌な過去も少し忘れられる気がしました。

 

 

 

懐かしの動画をもう一度見よう!

こちらをクリック⇓

【好きな回が一目で分かる】ももクロChanをlogirlとDVD両方でレビュー。メンバーカラーで分かりやすい!










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼