【 なぜ オタクに?】 普通の高校生だった私が突然アイドルオタクになった理由

なぜ アイドルオタクになった?

スポンサーリンク




アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

アイドルオタクが生まれる理由は、先天的なものではなく後天的なものによります。

私は高校2年生までアイドルオタクではありませんでした。

先天的なものならば、15年間好きではなくて、16年目に突然好きになった理由を説明できません。

オタクが生まれるのは何かしらの出来事が起こったから。

 

では なぜ 私がアイドルオタクになったかというと、それはズバリ、人間関係の悩みを抱えていたからです。

アイドルは人間関係の悩みを解決してくれる可能性がある唯一の存在なんですね。

 

今回は人間関係に悩みを抱えた人が→アイドルを好きになる

この繋がりについて説明します。

 

人間不信になり頼りを求める

私がオタクへと変化した高校時代。最大の変化と言えば、人間関係でした。

部活動、クラス、親。様々な環境の変化が重なって人間不信になりました。晒し者にされたり、裏切られたりと色々ショックなことが重なったのが原因でした。もともと人と関わるのは苦手だったんですけどね。

 

高校2年生の中盤になるともう裏切られたくない。と思い、人と関わるのを避けてしまいました。人と関わらなきゃバカにされないし裏切られることもないと思ったんですね。

 

一人ぼっちはとても苦しかったです。特に登下校が嫌でした。学校や部活が終わったらすぐ帰るんですけど、絶対にクラスや部活の誰かにはすれ違っちゃうんですよね…。またあいつ一人だよって思われる。田舎だったので長くて6両だし、駅の端っこで誰ともすれ違わないようにしていたのが心が苦しかった。

 

自分で選択しましたけど、私のみの責任だとは思っていません。人間関係の悩みですから、もちろんそこには相手がいるわけで。悪いのは半々だと思ってます。

人と触れ合ったって裏切られるだけだけど、触れ合うこと辞めたら死ぬほど寂しい。

 

 

 

そこで私は別の頼りを求めました。

現実の人間は誰も優しくないのかもしれない。だからと言ってアニメを好きになっても意味がないのじゃないか?

それでも生きていかなきゃいけないので、世の中への希望は捨てていない。

 

そこでその中間択であるアイドルを好きになりました。

現実が仮想を包み込むことで、本当に優しい様にすら見せてくれるんですね。

 

 

アイドルは人間不信の解決策になりえる

現実と仮想を組み合わせたアイドルがこの世で一番信用できると思っている

じゃあアイドルが人間不信を解決してくれるのはどういう原理かというと、

現実で仮想を包み込むことで、仮想すら現実のように見せてくれるんですね。

つまりアイドルは仮想の優しさを現実のように見せてくれる。

 

こういう例えができます。

たとえば、普段世の中を守る警察官が、犯罪者だとは誰も思わないですよね。

それと同じで、私は汗をかいて歌って踊るアイドルを、嘘つきだとは思いません

 

普段世の中を守る現実が、警察が犯罪者な訳ないというなんの根拠もない仮想を現実のように見せてくれます。

汗をかいてパフォーマンスする現実が、アイドルは優しいというなんの根拠もない仮想を現実のように見せてくれます。

 

 

ただステージ上で綺麗な姿(仮想)を見せるだけのアイドルなら、それは信用なりません。

ただ素のままの姿(現実)を見せるだけなら、それは信用なりません。

現実と仮想を混ぜ合わせたところに、神的なアイドルの魅力が生まれると私は思っています。

それは人間には解決不可能であった人間関係の悩みすら超越します。

 

 

たとえば、ももクロには路上から成り上がって、紅白に出場した現実があるから、

ももクロメンバーが仲が良いという仮想は成り立つんですね。

私も含め、ももクロのファンは、ももクロメンバーが仲が良いことを信じています。

なぜなら、ももクロが成り上がった現実が、ももクロは仲が良いという仮想を現実のものにしてくれるから。

悪口を言ったりする程度のメンバー同士なら、いまでもトップアイドルとして活動することは無理だと思うからです。

 

 

たとえば、でんぱ組には、メンバーそれぞれがオタクから成り上がって、人気者になった現実があるから、

でんぱ組メンバーが仲が良いという仮想は成り立つんですね。

それは、いじめを受けていたみりんちゃんが、何万人ものファンを得てステージに立つ現実が、でんぱ組は仲が良いという仮想を現実のものにしてくれるから。

いじめの辛さを知る人が、誰かをいじめたりしないと思います。

 

 

 

ワンピースで例えるなら、

「白ひげが仲間を売ったって?」「それをしねぇからヤツは生ける伝説なんだ!!」

って言ったカポネギャングベッジの考えと同じ。

白ひげが仲間を売る程度の海賊だったなら、世界最強であり続けることは無理だったと容易に想像できます。

 

 

 

誰も信用できない孤独な時、

その優しさをあたかも本物のように見せてくれるアイドルがいるなら、

私はアイドルに勝るものは無いとすら思いました。

 

 

現実の人間には現実の人間の、アニメにはアニメの、アイドルにはアイドルの魅力がある

もちろんアニメは魅力的だと思います。魅力があるからこそ、たくさんのファンの方がいます。

また世の中の人間にも何かしら魅力はあるのだと思います。だから結婚して家庭を築く人がいるわけです。

信用するもの、頼りにするものは人それぞれ違います。

その中で私は学生時代の経験からたまたま、アイドルが一番信用できると思った。

 

 

だからそこでお互いのことを悪く言い合うのは間違っていて、

例えば私が現実の人間をバカにしてしまったら、

もし自分の過ちに気づいたときに取り返しのつかないことになってしまいます。

もし友達ができたときに「どの面下げて人と付き合ってんだ」と言われてしまいます。

 

もしくは、あなたがアイドルやオタクを馬鹿にしてしまったら、

これからの人生で現実に信用できるものなど何もないことに気づいたとしても、

今後あなたはアイドルを頼りにすることができなくなってしまいます。

一つ頼りを失うことになります。

 

 

人それぞれ頼りにするものが違うということ、それぞれの魅力を知っていれば、

人生有利に立ち回れるんじゃないかなと思いました。

 

 

 

関連記事:推し変 しそうになるのは嫌いになった訳じゃなくて、それだけアイドルを信用してるってことなんだ

 

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトを運営しているアイドル好きな大学生。自己紹介は「平静と情熱を合わせ持つまっさおな太陽!」イメージカラーは灼熱ブルー。