独立を見据えて入った会社ですら、 就職 したら最後引きずり込まれていく

就職 するとやる気が出ない

スポンサーリンク




こんにちは。会社員ブロガーのりょうすかです。

 

休日なのに、なにもやる気がおきない…。

 

このままでは夢を追いかけるどころか、遠ざかっていくばかりです。

課題は、お金を稼ぎながら(会社で働きながら)夢を目指さなければいけないこと。

そこで今回は、独立を視野にいれて就職する際の注意点をまとめてみました。

 

ブロガーになる準備のため 就職 した

そもそも私が就職したきっかけは、文章を書く原動力を維持する為でした。

仕事をすることで得られるネガティブな感情を、文章を書く原動力にできれば丁度良いかなと思ったんですよね。

独立するためにはある程度お金もいります。

 

しかし現実は違いました。確かにネガティブな気持ちを持つ毎日ですが、しかしそこをうまく原動力につなげられず、逆にやる気を失っていきました。

 

就職してから4カ月目に感じた私の誤算としては、働くことが簡単だったことです。

 

就職 すればお金なんて楽に稼げる。だからやる気を失う。

働くことを難しく考えすぎていました。

就職活動は人生が決まるほどの相当な覚悟で臨みます。

しかしそんな思いとは裏腹に、実際に就職してみると、会社員として働くことってそんなに大変じゃないと思いました。

私はただ何となくその仕事につき、やりたくもない仕事をこなしていました。最低限なら言われたことをこなしていればいいし、同じことの繰り返しです。

 

そんな私でも立派に社会人している気になっていました…。

こんなに楽にお金を稼げるうえに、お仕事が終われば達成感が出ることの開放感で、堂々と帰り道を歩いてる自分がいました。

そんな優越感から、会社員のままで良いと思ってしまえる自分がいました。

 

広告:

 

「覚悟して挑戦すれば成功できる」の意味

就職してみて初めて「覚悟して挑戦すれば成功できるよ。」この言葉の意味が分かる気がします。

会社員とブログを両立することが無理であることを理解できただけでも、就職したことは良い経験でした。

このまま会社員を続けていくのか、自分のやりたい仕事を目指すのか?

あとは覚悟して挑戦することができるのか、私自身の気力との戦いです。

 

 

 

このまま腐ってしまわない為に、4年間務めた会社を退職しました。

こちらをクリック⇓

部長と 退職 の面談をしてきました。伝え方と反応について










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼