もしアイドルが 彼女 になったらなんの魅力もなくなってしまう

彼女 はアイドル

スポンサーリンク




私は決してアイドルへ恋愛感情を向けたりしないのだけれど、

世間が「オタクはアイドルに疑似恋愛をしている」と決めつけてくるのが心底ムカつくことだ。

 

もしアイドルが彼女になったら、だだの人間になってしまうのではないだろうか?

 

なぜならアイドルのルールと、ステージと客席という距離感にこそ、アイドルが生まれてくるからだ。

 

そもそも私は人間の汚さを思い知らされたから、アイドルを好きになっているのに、

アイドルに恋愛感情を抱いて近づいて、アイドルをわざわざ汚れた現実世界に引き戻すことに何の意味もないだろう。

 

アイドルが 彼女 になったら

服装が地味

いつも会場で見ていたのはあんなにカラフルな衣装だったのに、普段は無地の服を好んで着ている。

緑色が好きだと言っていたのに地味な色のチョイスが多い。それにスカートも嫌いらしい。フリフリも。

 

お風呂に入る

アイドルと同棲すると、アイドルはお風呂に入るということに気づかされる。

お風呂場に行くと、彼女がさっき着ていたパーカーが脱ぎ捨てられくしゃくしゃになっていた。

 

「なぜお風呂に入るのか?」というと体の表面の汗や汚れを落とすためだ。

アイドルがお風呂に入るのもたぶんそれと同じ事をしているわけで、考えたくもない。

 

こんなもの食べるんだ

アイドルと付き合うと、アイドルの食生活を知ることができる。

アイドルはカップラーメンを食べないと思っていた。でも現実にカップラーメンを食べたことない人など聞いたことない。

カップケーキやパスタを食べていてほしい。そして半分ほど食べてもうお腹一杯と言ってほしかった。

 

 

彼女 になったとたんアイドルじゃなくなる

見えない部分がアイドル

アイドルと距離感があるから、私たちオタクは妄想することができる。

たとえば、石原さとみさんのことを汗臭そうと思う一般人なんてこの世に1人もいないだろう。結婚した人にしかその真意はわからない。

 

 

その分からない部分(見えない部分)がアイドルそのものなのだ。

でもアイドルが彼女になったとたん今まで知らなかった部分、妄想できていた部分が全て見えてしまう。結婚相手にとっての石原さとみさんは普通の人間と何も変わらないはずだ。

 

 

アイドルは見えない部分があるからアイドルなのであって、近づき過ぎるとそれはただの人間になってしまう。

 

そもそも人間が嫌いだからアイドルを好きになってるのに、これじゃ本末転倒だ。

だからわたしはアイドルと付き合いたいなどという気持ちは一ミリもないし、

適切な距離感を保ちつつ応援していきたい。

 

関連記事:アイドルの 妄想 を維持させる方法










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトを運営しているアイドル好きな大学生。自己紹介は「平静と情熱を合わせ持つまっさおな太陽!」イメージカラーは灼熱ブルー。