【メタバースが完成するために】先駆け”REARITY -リアリティ”をレビュー「使い方と楽しさが分かる!」

バーチャル配信アプリ リアリティ を体験

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーりょうすかです。

 

突然ですが、GREE(グリー)がメタバース事業に本格参入することをご存じですか?

その情報は集めておかないと、大きなチャンスを逃してしまいます。

 

 

しかし問題は、メタバースはまだ完成していないのに、想像だけいろいろ書く記事があることです。

そこで今回は「REARITY- リアリティ 」というアプリを体験レビューしてみました!

インターネットのみなさん、ぜひ続きを読んでみてください。

 

 

“REARITY-バーチャルライブ配信アプリ”とは?

本音を言うと、みなさんはメタバースをちゃんと理解できていますか?

メタバースとは人間関係の悩みの解決策です。

すなわち仮想から現実味を見出す試みです。

 

 

そこでREARITY- リアリティ はバーチャルライブ配信アプリ

簡単に言うとアバターになりきり、配信ができるアプリです。

(Google playからダウンロードできます。)

 

 

アプリをダウンロードすると、まずアバターの作成画面が出てきます。

そこで髪の毛や顔、目の形などを豊富な種類から選べます。

たとえば、私が作ったアバター↓(こういう子が好きみたいです。)

りょうすか リアリティ

 

なおアバターは、カメラが自分の動きを察知し動きます。

目の開き具合まで再現しているのがスゴイですね。

私が普通に目を開いてる感じだと、アバターの目は半開き…(苦笑い)

 

 

REARITYでできる3つの機能!

この記事を見ているのは、世界の最先端にいるみなさんです。

 

  • 配信、視聴、ゲーム
  • チャット
  • 編集画面(アバターカスタム)

 

①配信

イメージはshowroomのような感じ。

REARITY 2 リアリティ

さらに自分で作った空間に、他のユーザーを招待できます。

 

リアリティでは、

コメントに答えつつ歌やお話を披露するのがポピュラーのようです。

またゲーム機能があり、ゲーム実況もできますよ。

 

 

および音声は、スマホで拾った音(自分の声)になります。

アプリ側で加工した声ではないので注意です!

 

 

広告:TVCM放映で知名度UP★ココナラ|Webサイト・デザイン・動画・イラスト

今すぐ続きを読んでみよう↓

 

 

 

②編集画面

REARITY3

このように最初に作成したアバターの修正ができます。

またガチャ要素でアイテムをゲットし、アバターを自分だけの装いにもできます。

 

 

そしてガチャは1回500コイン(円)

季節やイベントごとにガチャは更新され、今だとハロウィーンや秋がコンセプトのガチャがあります。

(可愛い…。)

 

 

③チャット機能

他の リアリティ ユーザーに向けてチャット機能ができます。

そこで配信の後、見てくれた方に向けてありがとうチャットを送るのが一般的のようです。

けっこう頻繁にチャットが送られてきます。リアルのLINEやTwitterでは誰からも連絡がこない私には、すこし嬉しかったです。

 

 

日本初REARITY-リアリティの将来性!

メタバースを認め期待しているひとは、すでに世の中にたくさんいます。

 

REARITYはユーザー自体がまだ100万人程度しかいないですが、交流が盛んです。

なぜなら配信に訪れたときの、見てくれてありがとうのレスポンスめちゃ早いですし、

みんな頻繁にフォローもしてくれます。新規でも入りやすい印象を受けました。

 

 

また、声だけで人気を集めていくという点が、YouTubeよりも人間味が少なくおもしろいです。

「人間の顔なんか見たくもない…」そんな今の世の中にピッタリマッチしています。

 

 

ところが弱い点としては、体の動きを読み取る機能。

せっかく自分の体の動きをアバターが反映するのに、うまく生かしているひとが少ないと思いました。

 

 

そのひと特有の動きを読み取り再現できれば、もっと”そのひとらしさ”が出ると思うのですが、そこまで細かく再現するほどの技術はまだ無いようです。

そこをリアルに再現しないと、メタバースにはまだ利用できないと思いました。

 

 

しかし、アプリとしてはアニメを好きな層にも、アイドルを好きな層にも刺さりそうな、とてもおもしろいコンテンツですので、試してみる価値ありです!

 

 

 

世間からのオタクへの偏見をなくすために

今すぐこちらを触れてみよう⇓

いまアイドルを好きと言うのは簡単なことじゃないけど、これからアイドルオタクを 恥ずかしい と言えない世界が必ずやってくる。

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼