【四季洋袴】 オタクが ムダ毛処理 に挑戦してみた

ムダ毛処理

スポンサーリンク




こんにちは!真夏でも長ズボンしか履きません。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

どうしてオタクのみんなは夏でも長ズボンを履くのでしょうか?

実は足のムダ毛が気になるからでした。

それを隠すように、一年中ずっと長ズボンしか履かなったのですが、そのデメリットはたくさんなんです。

  • 自然とダサい服装になってしまう(組み合わせが悪くなりがち)
  • 季節感がないと思われてしまう
  • 暑いから汗をかく などなど…

 

 

そこでの問題点はムダ毛処理の知識の無さでした。

「毛は剃ると濃くなるの?」「そもそもどうやって処理するの?」などなど。

そこで今回は、ムダ毛処理の方法をまとめてみました。

 

最適なムダ毛処理 の方法は?

そもそも男性は女性ほどムダ処理の機会が少ないので、方法を知らないことも多いです。

実は主な方法はこの3つです。

  • 剃る
  • 抜く
  • サロン

 

費用が掛かってしまう”サロン”や、痛みの伴う”抜く”よりも“剃る”方法が一番手軽でしょう。

またここで調べていて分かったこと、はっきりさせておきたいことは、毛は剃っても濃くはならないということです。

気にせず剃ってください。

それでも気になる方は、なっとうやバナナ豆乳を食べるといいと思います。

(大豆には女性ホルモンの代替となる成分が含まれているそう)

 

安全にムダ毛処理 するには女性用カミソリを使おう

ムダ毛処理が難しい理由は、“ちょうど良くしたい気持ち”があるからだと思うんですよね。

女性が全剃りすることに違和感はありませんが。

 

女性の意見で、男性は処理しない方が好きとか、つるつるだと逆に気持ち悪いとかの声があったり。

いい感じにしたいと思う男性が多いです。

でもそれが処理の難しさにつながっていると思いました。

 

ギャツビー ボディ ヘアトリマー

 

 

メリット

  • 均等に整えるのに便利
  • 値段が安い

 

デメリット

  • 歯の部分に毛がたまる
  • ツルツルに剃るのには使えない

 

全体の量を少なくしたい場合はこちらを使ってみてください。

簡単に言うとカミソリのすきバサミバージョンです。

剃り口が2パターンあって、剃り具合を調節できます。ドラッグストアなどでも売っていて値段もお手頃なのでぜひどうぞ。

 

 

すきバサミで量を減らしたら、完璧にきれいにしたい部分に女性用のカミソリを使いましょう。

カミソリなのですが、女性用のカミソリは全身に使うことを前提としているため、肌を傷つけにくいんですね。

なので安全にムダ毛処理できます。

 

“ジレット ヴィーナスエンブレイス”

メリット

  • 持ち手がフィットする
  • 5枚歯で剃りやすい
  • 替え刃もできて経済的
  • ガードがついていて安全

 

デメリット

  • 歯の持ちがあまりよくない

 

このカミソリいろいろなサイトでもおすすめされていました。

ドラッグストアで買えて値段も1000円程度とお手頃です。

使い心地はマジでつるつるです。

 

ドラックストアで買うのは恥ずかしいという方は、ネットショッピングで買うのがおすすめです。

私はレジで「袋お分けしますか?」と聞かれてしまいました。

優しそうな女性の店員さんだったので気を利かせ聞いてくれましたが、逆にいうと、それぐらいの違和感を感じていたということです。「いいえ」とだけ答えておきました。

 

 

この2つさえあればムダ毛処理は完璧です。

朝も夜も堂々と半ズボンを履きましょう!

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼