【ちょうど良く薄くする】オタクが ムダ毛処理 のやり方をご紹介「簡単に誰でもできる」

ムダ毛処理

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

最近足がツルツルな男性が増えてきましたが、どうやってムダ毛処理をしているのでしょうか?

足を隠すために夏にジーパンをはくと、暑いから汗をかくし、クサいと思われてしまいます…

 

しかし問題は、オタクの私にはそんな経験も知識もなかったことでした。

そこで今回は、実際にムダ毛処理に挑戦し、オタクのみんなができるよう簡単にまとめてみました。

 

最も適したムダ毛処理 の方法は?

本音を言うと、身だしなみを整えてひと付き合いしても、信頼し合えることはないのではないでしょうか…

だからオタクは身だしなみを整えないのだと思います。

しかしこの記事を見ているのは前向きなオタクのみなさんです。

 

 

そこで、もしものために知識だけでもつけておきましょう。

そもそも男性は女性ほどムダ処理の機会が少ないので、方法を知らないことも多いです。

 

 

実は主な方法はこの3つです。

  • 剃る
  • 抜く
  • サロン

 

 

費用が掛かってしまう”サロン”や、痛みの伴う”抜く”よりも“剃る”方法が一番手軽でしょう。

また、ここで調べていて分かったこと、はっきりさせておきたいことは、毛は剃っても濃くはならないということです。

だから気にせず剃ってください。

 

 

それでも気になる方は、なっとうやバナナ豆乳を食べるといいと思います。

(大豆には女性ホルモンの代替となる成分が含まれているそう)

 

安全にムダ毛処理するには:女性用シェーバーを使おう!

日本人はA型が多いので、みんな完璧主義のひとが多いと思うんですね。

ムダ毛処理が難しいわけは、“ちょうど良く薄くしたい気持ち”があるからだと思うんです。

 

なぜなら女性の意見で、男性は処理しないほうが好きとか、つるつるだと逆に気持ち悪いとかの声があったり。

いい感じにしたいと思う男性が多いです。

それが処理の難しさにつながっていると思いました。

 

 

①ギャツビー ボディ ヘアトリマー

 

 

メリット

  • ちょうど良く薄くするのに便利
  • 値段が安い

 

デメリット

  • 歯の部分に毛がたまる
  • つるつるに剃るのには使えない

 

 

全体の量を少なくしたい場合はこちらを使ってみてください。

簡単に言うとカミソリのすきバサミバージョンです。

なお剃り口が2パターンあって、剃り具合を調節できます。ドラッグストアなどでも売っていてお手頃です。

 

 

そして、すきバサミで量を減らしたら、完璧にきれいにしたい部分に女性用のカミソリを使いましょう。

女性用のカミソリは全身に使うことを前提としているため、肌を傷つけにくいんですね。

なので安全にムダ毛処理することができます。

 

②ジレット ヴィーナス エンブレイス

メリット

  • 持ち手がフィットする
  • 5枚歯で剃りやすい
  • 替え刃もできて経済的
  • ガードがついていて安全

 

デメリット

  • 歯の持ちがあまりよくない

 

 

このシェーバーはいろいろなサイトでもおすすめされていました。

なぜならドラッグストアで買えて値段も1000円程度とお手頃です。

なお使い心地はマジでつるつるです。

 

 

ドラックストアで買うのが恥ずかしい方は、ネットショッピングで買うのがおすすめです。

なぜなら私はレジで、「袋お分けしますか?」と聞かれてしまいました。

優しそうな女性の店員さんでしたが、それぐらいの違和感を感じていたということです。「いいえ」とだけ答えておきました。

 

 

この2つさえあればムダ毛処理は完璧です。

朝も夜も堂々と半ズボンをはきましょう!

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼