夢と希望を取り戻すために オタクが絵本「はらぺこあおむし」を読んでみた「懐かしい気持ちになれる」

絵本 はらぺこあおむし

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

どうすればもう一度、この世に希望を取り戻すことができるでしょうか?

アイドル、事務所、一般人の思惑に挟まれるオタクは、心がすさんでしまうことがあります。

 

しかし問題は人間みんな、自分のことしか考えていないのです。

そこで今回は、人間の真理を考えすぎて病んだオタクが、絵本を読んで、もう一度童心に戻ってみることにしました!

 

 

①絵本を読もうと思ったきっかけは?

本音を言うと、オタクのみなさんは、人間関係に希望がないことを知っていますよね…

なぜなら、人間に希望がないから、アイドルを推してきました。

そこで私は人間とはなんなのか?真理を探すために、幼児に関する論文を調べていました。

幼児における道徳性の萌芽 ―憧れの気持ちを基盤とした人格の形成― (jst.go.jp)

 

 

そもそも赤ちゃんは「無」から生まれてきます。

いわば善でも悪でもない、赤ちゃんは「無」の状態です。

 

だから赤ちゃんは、絵本の読み聞かせによって、

外の世界へ興味を持ち⇒登場人物に憧れを抱き⇒自分の中の善悪を決めていく

そうなのです。

 

 

しかし、赤ちゃんには生みの親がいます。

またアイドルには、その親、事務所、仕事相手、メンバー、友達、一般人、ファン、オタク、

様々な人間関係があります。

 

 

そして、自分の親やその絵本が必ず正しいわけではありません。

だから、その中で正しい姿を保つのは難しいと思いました。

そもそもすべて「無」から生まれてくるのなら、この世に善も悪もないのかもしれません。

 

 

それゆえ絵本を調べることで、この世の真理に近づけそうなことが分かったので、

絵本を見てみることにしました。

 

②はらぺこあおむし:最もスマートなあらすじ!

はらぺこあおむしは読者を認めてくれる、あたたかい絵本です。

注意)著作権を守り使用しています

著作物の利用について | 偕成社 | 児童書出版社 (kaiseisha.co.jp)

 

 

なぜなら、あおむしがたくさん食べ物を食べて、立派な蝶に成長していくお話です。

葉っぱの上に小さな卵が一つ。その卵をお月様が空の上から優しく見守っていました。

日曜日の朝、お日様が昇って暖かくなった頃、卵から「ぽん!」と小さなアオムシが生まれました。

腹ぺこのアオムシは、さっそく食べ物を探し始めました。

月曜日、アオムシはリンゴを一つ見つけて食べました。それでも、空腹は満たされません。

 

 

火曜日、今度は梨を二つ見つけて食べました。それでも、相変わらずの空腹です。

それからも、アオムシは果物をたくさん見つけて食べました。水曜日にはスモモを三つ食べ、木曜日にはイチゴを四つ食べ、金曜日にはオレンジを五つも食べたのです。

それなのに、アオムシの空腹は満たされませんでした。

はらぺこあおむし 絵本 食べ物

 

 

もう一度見てみたい方は、今すぐこちらから⇓

③絵本の考察:著者の思いとは?

この絵本を読んでいるのは、日々の生活を一生懸命に頑張っているみなさんです。

著者エリック・カールさんの感想

「これは、希望の本なのだと思います。この世界に苦しみながら、小さな小さな、取るに足らないアオムシが美しいチョウに変わり、羽ばたいていく。時に自らの小ささに弱さを覚えるこどもには、希望が必要なんです」「あおむし」に込めた希望 最期まで絵筆握った91歳 :朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

 

子どものころは、とにかくたくさん食べて、大人に成長します。

ところが大人になると急に、ご飯を食べることが当たり前ではなくなる。

そこでお金を稼いで、生きなければいけない、理不尽さ。

また大人の凛々しさと、その裏の理不尽さが、美しい蝶に描かれていると思いました。

 

 

だけれど、子どもたちも、自分が成長するために精いっぱい頑張って生きています。

すなわち、生まれたときから親と出会わないアオムシに、その子どもの懸命さが描かれていると思いました。

 

 

絵本を見て童心に戻ったら、もう一度アイドルについて考えてみましょう。

今すぐこちらをクリック⇓

【アイドルの気持ちが分かる】あいどるらぼの オタク活動 に役立つ記事まとめ【これを読めば完璧!】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼