夢と希望を取り戻すために オタクが絵本「 ねないこだれだ 」を読んでみた「懐かしい気持ちになれる」

絵本 ねないこだれだ

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

絵本を読んで、もう一度童心に戻ってみることにしました。

アイドル、事務所、一般人の思惑に挟まれるオタクは、心がすさんでしまうことがあります。

問題は人間に希望なんてものは無いことです。

そこで今回は、人間の真理を考えすぎて病んだオタクが、絵本「ねないこだれだ」を読んで、もう一度童心に戻ってみることにしました。

 

はらぺこあおむし編:

夢と希望を取り戻すために オタクが絵本「はらぺこあおむし」を読んでみた「懐かしい気持ちになれる」

 

絵本を読もうと思ったきっかけ

この記事を見ている皆さんは、心が綺麗で優しい方です。

人間とは何なのか?アイドルの真理を探すために、幼児に関する論文を調べていました。

幼児における道徳性の萌芽 ―憧れの気持ちを基盤とした人格の形成― (jst.go.jp)

 

赤ちゃんは「無」から生まれてきます。

善でも悪でもない、赤ちゃんは「無」の状態です。

 

赤ちゃんは、絵本の読み聞かせによって、

外の世界へ興味を持ち⇒登場人物に憧れを抱き⇒自分の中の善悪を決めていく

そうなのです。

 

 

しかし、赤ちゃんには、生みの親がいます。

またアイドルには、その親、事務所、仕事相手、メンバー、友達、一般人、ファン、オタク、

様々な人間関係があります。

 

 

しかし、自分の親やその絵本が必ず正しいわけではありません。

その中で正しい姿を保つのは難しいと思いました。

そもそもすべて「無」から生まれてくるのなら、この世に善も悪もないのかもしれません。

 

 

絵本を調べることで、この世の真理に近づけそうなことが分かったので、

絵本を見てみることにしました。

 

ねないこだれだ のあらすじ

注意)著作権を守り使用しています

著作物の利用について|福音館書店 (fukuinkan.co.jp)

 

夜更かしている子供に向けた絵本です。

とけいが なります

ボン ボン ボン・・・・・

こんな じかんに おきてるのは だれだ?

ふくろうに みみずく

・・・・

それとも どろぼう・・・・・

いえ いえ よなかは おばけの じかん

よなかに おそぶこは おばけに おなり

 

 

ねないこだれだ の考察

著者せな けいこさんの感想

この本はよく、しつけのための本と間違われるのですが、そんなつもりで書いたのではありません。しつけの本だったら、子どもはこんなに好きになってくれるはずがありません。子どもは敏感ですからね。そういったことはすぐにわかってしまうんです

でも違うんです。だって、おばけの世界へなら、子どもはきっと飛んでいってみたいでしょ?

子どもの世界は、時々おばけの世界と交わることがあります。子どもはおばけが「いる」ということを知っていますから、あんなにドキドキできるのです。

名作絵本「ねないこだれだ」の意外な真実 | 読書 | 東洋経済オンライン | 社会をよくする経済ニュース (toyokeizai.net)

 

 

 

 

絵本を見て童心に戻ったら、もう一度アイドルについて考えてみましょう。

こちらをクリック⇓

【アイドルの気持ちが分かる】あいどるらぼの オタク活動 に役立つ記事まとめ【これを読めば完璧!】

【オタクの気持ちが分かる】あいどるらぼの アイドル活動 に役立つ記事まとめ【これを読めば完璧!】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼