世の中に絶望したオタクが絵画を調べてみた

世の中に絶望したオタクが絵画を調べてみた

スポンサーリンク




はじめまして。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

人間が存在する意味とは一体なんでしょうか?

意味が分からないと生きていくことはできません。

問題は、世の中のみんなは、生きる意味なんてないとして、考えようともしないことでした。

そこで今回は、病んだオタクが、絵画の歴史からそのヒントを探してみたいと思います。

 

 

そもそも絵画ってなに?

私はぶっちゃけ絵画について詳しく知りませんでした…

絵画とは絵をそれらしく言ったものです。

絵画は、物体の形象を平面に描き出したもの。日本語では類語の(え)が幅広く用いられ、絵画という語は、特に芸術作品としての絵を指す場合がある

絵画 – Wikipedia

どちらも同じ意味。

 

その起源は有史以前に遡り、スペインで6万5000年以上前にネアンデルタール人が描いたと推定される洞窟壁画が発見されている

6万5000年前!?

人間の2000年の歴史では到底分からないことがありそうです。

 

 

ネアンデルタール人は、約4万年前までユーラシアに住んでいた旧人類の絶滅種または亜種である。彼らは、大規模な気候変動、病気、またはこれらの要因の組み合わせによって絶滅した可能性が高い。

 

つまり、ネアンデルタール人は2万年もの間生きていたのですね。

 

絵画にはどんなものがある?

世界中のみんながすごいと思う、絵画はどんなものでしょうか?

有名なものをご紹介します。

 

最後の晩餐:レオナルド・ダ・ヴィンチ

推定価格:

モナ・リザ:同上

落札価格:1億ドル=約100億円

真珠の首飾りの少女:フェルメール

 

叫び:ムンク

落札価格:1億9900万ドル=約200臆円

落穂拾い:フランソワ・ミレー

 

ゲルニカ:パブロ・ピカソ

 

ひまわり:ゴッホ

落札価格:58億円

 

絵画から人間の心理を探す方法

ぶっちゃけ、現代の人間には希望は無いですよね…

 

私は人間の真理は子供たちのなかにあるのではないか?と思っています。

いじめられ、学生時代から会社員をして生きてきた経験からです。

子どもたちすらいじめをするのなら、何も希望はありません。

 

 

関連記事:

オタクが世の中へ希望を探すために、幼稚園児や保育園児を眺めてみた「YouTubeの紹介動画から」

アイドルオタクが生きる希望を失わないために、 幼児 の心の綺麗さを集めてみた「これだけ読めば大丈夫」

 

だから、子どもたちが書いた絵画から、子どもたちが何を考えているのかを探ることで、

人間の真理に近づけるのではないか?と思いました。

 

 

大人が子供を書いた絵画

最初のお説教:ミレー

絵画 最初のお説教

日傘をさす女:クロード・モネ

日傘をさす女 絵画

ココ4歳の肖像:ルノワール

ココ4歳の肖像 絵画

麗子微笑:岸田劉生

麗子微笑 絵画

 

 

特にミレーが書く子供の絵は定評があったそう。

ミレーはたくさんの子どもの絵を残しています。

 

ただ、微妙で静かな表情のみが完璧な美と両立する。誰が見ても美しい顔を描くなら、人格が形成され表情が決まる前の8歳前後の少女が一番よい

ジョン・エヴァレット・ミレー – Wikipedia

 

静かな表情の中に美があると考えたのですね。

 

 

ミレイが得意とした少女画

ポーモーナ

ポーモーナ 絵画

熟したさくらんぼ(イギリスの童謡)

熟したさくらんぼ 絵画

二度目のお説教

二度目のお説教 絵画

赤ずきん

赤ずきん 絵画

マルガリータテレサの思い出

マルガリータテレサの思い出 絵画

 

大人から見た子供は、背景がどれも薄暗かったです。

 

 

子供が書いた絵画

 

それぞれのパーツが独立している(違和感がある)のが、子どもらしい絵画の特徴。

被写体との距離感が近い気がします。

また、どの絵にも”ヒト”が描かれていました。

 

 

ひととの繋がり、温かい作品が多く描かれています。

人物が複数人登場する絵がほとんどでした。

色合いも明るくカラフルです。

 

2019年 | 入賞作品リスト|子ども絵画館 (kodomo-kaigakan.jp)

 

 

大人と子供の絵画を比べてみた結果

人間関係の悩みを解決するためには、勉強をすることだと思いました。

 

大人が描く絵画は、背景が暗く、子どもたちが明るく書かれていた。

一方子供が描いた絵画は、背景も人物も明るく書かれていた。

大人は一人の絵について書いていることが多く、

子どもはよりたくさんの人物の絵画を書いていた。

 

 

二度目のお説教では、親が子どもの自由奔放さを大切にしていることが読み取れました。

また熟したさくらんぼからは、童謡のイメージを子供に重ね合わせ、希望としている様子が見えました。

当然のことですが、大人は人間への希望を失っていく一方で、

子どもたちは、無知で希望に満ちているように見えてきます。

 

 

人間関係の状態や、知っている知識によって、人の移り方は変わってくる。

私が知っている人間のことは、今の私だからそう思っているだけなのかもしれないと思いました。

もっと勉強して、人間関係の悩みは解決できるのではないか?と思いました。

 

 

もっと手軽にたくさん絵画を見たいかたはこちらがおすすめ

広告:【世界の名画を楽しもう】名画の定期便GOOD ART LIFE(グッドアートライフ)

メリット

  • 色々な画家を試したい方には画家おまかせコースもご用意
  • 自宅にいながら月替わりで色々な作品を楽しめる
  • どんな作品が届くかは到着までのお楽しみ
  • 作品はアートディレクターが厳選
  • 画家コースは月ごとに自由に変更可能
  • アートはポストに届くので受け取りも簡単
  • 初回のお届け以降いつでも解約可能。回数縛りなし
  • アートは返却不要、保管も簡単
  • 定期便の初回分(通常800円+送料)が無料!
  • 届いたらすぐに飾れるアートフレームをプレゼント

 

デメリット

  • 絵画を指定することができない
  • 少しだけサイズが小さい

 

今すぐこちらをクリック⇓

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼