【病まない為に】 オタク のお悩み相談ご用意しました「みんなで支え合う」

オタク のみんな専用のお悩み相談ご用意しました

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

オタクのみんなは、アイドルを見ていて病んでしまう事ありませんか?

アイドルのすべてが現実ではないでしょう。どこかに「嘘」が含まれているのかもしれません。

 

問題はアイドルの真意を確かめるのは難しいこと。病まずに考えられる時間がほしい。

そこでオタクのみなさん専用のお悩み相談場所をご用意しました。

みんなで相談しつつアイドルの真理を考えましょう。

 

ぼっちで10年間アイドルを考えたオタクの末路(お悩み例)

①行き過ぎた私のお悩み例…

  • K-POPが蔓延すると、世界進出のチャンスを逃す。これからは幼く未熟な日本のアイドルが世界で流行る
  • わがままなアイドルを正すにはオタクみんなで協力して一旦推すのをやめよう
  • 事務所とアイドルの考えの違いが、なんの罪もないオタクを苦しめている
  • 2.5次元のアイドルの存在によって、オタクへの偏見はなくせる
  • アイドルが素晴らしくても、その周りには邪悪な人間がいる
  • 日本でアイドルを広めるには、ソロキャンプ層を狙う

 

 

①一般的なオタクのお悩み

  • 好きだったアイドルが変わり果ててしまった
  • 悪質なファンがいる、ファン同士の関係改善
  • もっとアイドルの気持ちを知りたい
  • ぼっちでライブに参戦するのが不安
  • おすすめのアイドルを教えて欲しい
  • オタクをやめる方法が知りたい
  • アイドルへお手紙が書きたい
  • チケットの転売が許せない
  • オタク友達を増やしたい
  • このサイトへの感想
  • 病みを解消したい

 

などなど、どんな種類のお悩みでも受け付けています。

考えが行き過ぎた厄介ファンにならない為には、適度に話を聞いてもらう場所が必要です。

 

 

相談相手:「病み」を何度も繰り返した私(オタク)

私がアイドルを好きになったのは高校生の16歳。(現在26歳です。)

大学を卒業し、4年間会社勤めをしながら、アイドルとオタクについてブログを書いていました。

現在は会社を退職し、毎日アイドルについて研究しています。

私よりアイドル、オタクのことを考えている人は、この世にはいないと自負しています。(笑)

 

🔷集大成の記事🔷

アイドル オタク活動 に役立つ記事一覧まとめ【 あいどるらぼ 】

アイドル活動に役立つ記事一覧まとめ【 あいどるらぼ 】

 

🔷プロフィール🔷

怪しい者ではありません(笑)

アイドルの魅力を伝えるためにオタクへの偏見をなくす。アイドルオタクブロガー りょうすか のプロフィール

 

 

相談場所:知名度の高いココナラ(外部サイト)を使用

安心安全の為、ココナラというサイト内にご用意しました。

(吉岡里帆さんがテレビCMしています)

 

ココナラとは、様々なスキルを持った人が集まる、お仕事依頼のサイト。

私も3回ほど利用したことがあります。(このサイトのサムネイルを作成してもらいました。)

その時の記事⇓

【口コミが欲しい】 ココナラ で文章校正を依頼してみた

 

 

ご利用の手順は2つだけ。

①ココナラに会員登録をして、

②私が作成したページに飛ぶだけ

 

メリット

  • 検討や依頼、納品まですべてネットで完結
  • 制作サンプルやレビューが掲載されているので比較が簡単

デメリット

  • 依頼側には特になし(出品者には手数料がかかる)

サクッと会員登録する為にはこちらから⇓

 

お悩み相談のご依頼ページはこちらから⇓

オタクがオタクのみんな専用のお悩み相談のります ◇開店セール実施中◇

安心安全の為、テキスト形式での相談を受け付けています。

(Excel、メモの写真、テキスト、PDFなどなんでもOKです。)

 

 

みんなで協力して、もっとアイドルに詳しくオタク活動を楽しく!

オタク活動の悩みを解決するためには、

①悩みを相談できる人がいるか?

②上手く悩みを発散しつつ、アイドルの気持ちを深く考えることができるか?

この2つが大切だと思いました。

 

アイドルの気持ちを考えることができれば、些細なことで悩まなくて済むようになります。

たとえば、もしアイドルが恋愛禁止を破ってしまったとしたら、

そのアイドルは自分の将来に不安を抱えていたのかもしれません…。

 

だから、アイドルの気持ちを考えるための、病まない時間を稼げればいい。

その時間と回数は、多いほうが良いはずです。

 

アイドルの気持ちを考え病みそうになったら、オタク同士で共有し合う。

気持ちが晴れたら、またアイドルのことを考えてみる。

そうすれば私たちオタクは、少しずつアイドルの気持ちに近づけるはずです。

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼