オタクが最近思うこと② ファンに擬態した第三者

オタクが最近思ってること②ファンに 擬態 した第三者について

スポンサーリンク




最近アイドル界隈を賑わせているのが、岡田奈々さんの熱愛発覚です。

 

たとえば恋愛OKや恋愛解禁、スキャンダルと言った道理の通らない話がTwitterに飛び交っています。

 

 

そこで私は理不尽にオタクを蔑むひとたちと、恋愛禁止を議論してきて、感じたこと、分かった事実があります。

今回はそのお話をします。至急まとめたので、殴り書きご了承ください。

 

 

今日の目次

  1. 恋愛禁止の是非:ファンへの誹謗中傷
  2. アイドルの恋愛を肯定しているのは誰?
  3. ファンに擬態した第三者の存在

 

 

 

 

さて、結論を先に言うと、アイドルの道理の通らない恋愛を肯定する:ファンへの偏見を植え付け、論点をずらすツイートをしている、

つまりファンに擬態した何者か、第3者がいるということです。

 

 

 

①恋愛禁止の是非

そもそも大前提として、私はアイドルの恋愛には賛成です。自由にすればいい。

しかし、なんの能もないアイドルが、恋愛禁止によってなんとかファン集客、チケットを売ってるんなら、

彼氏を作らないのが道理です。

 

 

私の主張はTwitterでしています。誰にも受け入れられませんが…

 

 

恋愛禁止の議論で言い負けてしまわないために、完璧な説明をご紹介!

今すぐこちらをクリック⇓

アイドルの 恋愛禁止が”人権侵害ではない”理由を5つの視点から解説!【正しいアイドル界にするために】

 

 

 

そしてその議論(相手から一方的に)をするなかで、私はたくさんのひとからうざい、気持ち悪い、老害だと批判、もしくは誹謗中傷をされました。

  • ファンはアイドルを勝手に信じて、金を払っているのだから、騙されるファンが悪い。
  • ファンはアイドルと結婚できると思ってるの?(笑)
  • アイドルにもプライベートはあるんだから、恋愛することはなんら違反ではない。

 

 

 

私:恋愛しないことの処女性で集客する方法を選んだのはアイドル自身自らだろ…

ハッキリ言って、どれも支離滅裂です。

このような、ツイートのやり取りを私は2日間、絶え間なく続けました。

 

 

  • アイドルは未熟なパフォーマンスでもなんとか収益を得るために、自らに恋愛禁止を課せている。
  • 歌とダンスが上手で、実力だけでチケットを売れるなら、恋愛でも不倫でも自由にすればよいじゃないか?
  • オタクはルールを守れるアイドルから人間の良心を信じてみている

 

しかし私の意見に、相手は一切聞く耳を持ちません。

 

 

ただ、騙されるファンが悪い。その一点張りで一切引き下がることはなかったです。

そこで私も負けず嫌いだし、道理の通らないことは嫌いだから、理由立てて返信は続けますが、

私の意見を一切無視した返信を、一日二日とずっと続けられ、らちが明かずイライラしていたので、耐えかねずブロックしてしまいました。

すると、相手にもブロックされてしまいました。

 

 

 

 

そこで、気になったのが、私に食いかかってきたひとたち全員が、

アイドルのファン(一人称)ではないことでした。

 

 

 

②アイドルの恋愛を肯定してるのは誰?

ぶっちゃけ、アイドルの恋愛を肯定しているアカウントはすべて怪しいアカウントのように思いました。

なぜなら、話しているうちに、恋愛を肯定しているひとは、

1.アイドルに詳しくないこと 2.どの立場からものを言っているのか?分からないことが多々ありました。

 

 

たとえば、アイドルの恋愛が詐欺だと言うなら、裁判を起こせば?

何度も何度も食い下がってきたひとたち全員が言ってきます。

いったいどの立場からの発言でしょう?運営側のひと?

 

 

 

 

 

 

 

あともう4人ぐらい一番激しく議論したひとがいますが、

そのひとたちはブロックしました。

(てか、アイドルは仕事じゃないです。

仕事とプライベートの境目をなくすのがアイドルに真実味を持たせる手法です。)

 

 

そして、私に攻撃してくるひとたちはみんな、やたら法律に詳しいひとたちでした。

たとえば、アイドルの恋愛は過去の裁判で、認められているだとか、

アイドルの、恋愛禁止は憲法違反に抵触する、人権侵害だとか。

やたら憲法や法律を盾にしてくる。自分に根拠のない詐欺師ほど、法律を盾に使いますが。

 

 

 

そして、怪しく思った私が、あなたの立場は誰ですか?暴◎団ですか?

冗談交じりに言うと、そこから一切返信をしてこなくなりました。

 

 

 

すなわちなぜ、私がそんなことを疑ったかというと、

アイドル業界には、アイドルと事務所以外の第三者がいるのではないか?

と最近考えていたためです。別の角度からもその関係を予想していました。

 

 

アイドルを恨んでしまわないために、背景を考えてみました!

今すぐこちらをクリック⇓

【偏見解決に一歩近づく】アイドル(運営)とオタクの間には第三者がいるのではないか?「そう思うきっかけを分かりやすく」

 

 

 

③ファンに擬態した第三者の存在

アイドルとファンの間には一体なにが隠れているのでしょうか?

つまり、私が予想するのは、

アイドルとそのような暴◎団が関係あるとして、

アイドルの治安維持的な部分を任せているのではないか?ということ。

 

 

そこで私は、アイドルの恋愛を否定する、つまりアイドルにとっては都合の悪いことをツイートし続けたから、

標的になったと考えられます。

 

 

Twitterの恋愛禁止のタイムラインを見ていても、アイドルの恋愛を否定するひとたちは、いまや少ないです。

明らかに間違っている道理が通らないことなはずなのに。

 

 

 

よってファンへの偏見は運営=ファンに擬態した何者かが植え付けているのかもしれません。

アイドルの理不尽な活動:ファンを騙してお金を奪いとることを正当化するために、

アイドル運営は暴◎団と協力し行っている。

 

 

少し飛躍し過ぎているかもしれませんが、そう考えると、自分の中ですべて辻褄が合ってしまうんですよね。

そして私がやり取りを行った、激しく議論を交わしたひとたちは、ファンに擬態した第三者だと考えられる。

 

 

なぜアイドルと、ファンに擬態した暴◎団に関係があるのか、そこまでは分かりませんが、

自分の中で、新しい視点が見えてきたので、

アイドル、ファン、運営、オタク、第三者、これらを踏まえて、アイドルについてまた1から考え直していきたいです。

 

 

 

オタクへの偏見が消えない理由が分かりました…

 

 

🔷Twitter🔷

アイドルへの偏見を無くすために、みんなで協力しましょう!

アイドル好きのフォロワーがたくさんいます。今すぐフォローよろしくお願い致します!

#りょうすか#アイドルオタクブロガー

りょうすか@アイドルオタクブロガー(@ryousuka_)さん / Twitter

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼