オタクがアイドルに対して 恋愛感情 がないと言う意味

恋愛感情 がない

スポンサーリンク




オタクがアイドル に対して 恋愛感情 がないという理由は、

  • 本当の理由を言えない過去
  • 恋愛感情ではないから
  • 世間に対する怒り

複雑な感情が入り混じっているためです。

 

 

オタクがアイドルを好きになるのは、恋愛感情を向けているからではありません。

 

いじめを受け人間不信にさせられたから、生きる希望を失わないようにアイドルを好きになっているのです…。

 

人間不信の原因である世の中の人たちに、いじめの事実は棚に上げて、「オタクはアイドルに疑似恋愛感情を抱いている」と無理やりこじつけられれば、反対するのは当然でしょう。

 

「いじめを受けてアイドルを好きになった。」

 

そんな辛いこと言えるはずがありません…。

世間はそれを利用し、自分たちのいじめを隠すどころか、アイドルオタクに偏見さえ植え付けました。

オタクに対し恋愛しないの?と言うのは、おちょくっているとしか考えられません。

 

 

現実の人間など誰一人として信用なりません…

人間不信の孤独は、長く苦しく、決して治ることのないものです。

 

たとえ嘘だとしてもアイドルの優しさを信じるしか、この世の中に生き続ける方法は無かったのです。

 

 

世間のみなさんが異性に向ける感情はすべて、恋愛感情なのかもしれません。みなさんとオタクを一緒にしないでほしいです。

 

世間のみなさんは誰にでも恋愛感情や性的感情を向けるわりに、「この人は運命の人だ」とか一時のしょうもない思い込みで恋愛したり結婚したりします。

その思い込みになんの根拠も信頼関係もないし、世間体のために飯炊きと金稼ぎを分担するだけの関係です。

あなたたち世間が私たちをいじめたのと同じように、あなたに「頼れるもの」「信用できるもの」などありません。

 

 

世間の皆さんは”これから”人間など誰も信用ならないことに気づきます。

 

そのときアイドルやオタクを馬鹿にしてしまったことを後悔することになります。世間の皆さんはアイドルという唯一の心の支えを失ってしまったのです。一度馬鹿にしたアイドルやオタクの世界にどの面下げて入ってこれるでしょう。

この世の中にアイドルほど信頼できる存在、心の支えになってくれる存在などありません。何も頼りがないのはとても苦しいことです。

 

 

私たちオタクはいじめを受けたおかげで、人生の早い段階で人間関係に悩み、アイドルという存在に気づくことができました。

 

たくさんの大切な時間を失いましたが、オタクはこれからきっと前を向いて生きていける。もし落ち込んだり辛くなってしまってもアイドルという頼りがある。

 

 

私の心の底にあるものを全部ぶちまけてみました。これが私の本心です。

オタクの方には辛い気持ちを思い出させてしまったら申し訳ありません。

 

でも私は、オタクが自分の気持ちを言い表せないことが、世間がオタクへの間違った偏見をもつことにつながっていると思います。

世間は私たちオタクが言い返さないのをいいことに、どこまでも蔑んできます。

そんな辛い気持ちを自分の胸に抱えこんでいても、世の中は変わらなかった。

だったらもう一度立ち向かって、世の中を変えるしかありません。

 

 

関連記事:りょうすか のプロフィール










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼