オタクがアイドルに対して 恋愛感情 がないと言う訳

恋愛感情 がない

スポンサーリンク




オタクがアイドル に対して 恋愛感情 がないというのは、

  • 本当の理由を言えないモヤモヤ
  • 恋愛感情ではないから
  • 世の中に対する怒り

複雑な感情が入り混じっている。

 

私がすべてを背負って言いたい。

 

オタクはいじめによって抱えた人間不信を解決するためにアイドルを見ている。

アイドルを好きになるのは、恋愛感情を向けているからじゃない。

 

 

人間不信になって精神が死の危険にさらされたから、生きる希望を失わないように、必死でアイドルを好きになっているのだ。

 

 

一般人が異性に向ける感情はすべて恋愛感情なのかもしれない。お前ら一般人と私を一緒にしないでほしい。

 

 

一般人は誰にでも恋愛感情や性的な感情を向けるわりに、この人は運命の人だとかしょうもない思い込みで恋愛したり結婚したりする。

その思い込みになんの根拠も信頼関係もないし、世間体のために飯炊きと金稼ぎを分担するだけの関係である。

 

 

あなたがいじめをしたことと同じように、あなたの頼りや信用するものなんて何もない。

 

 

一般人は”これから”人間など誰も信用ならないことに気づく。

 

そのときアイドルやオタクを馬鹿にしてしまったことを後悔する。一般人はアイドルという心の支えを失ってしまった。どの面下げて一度馬鹿にしたアイドルやオタクの世界に入ってこれる?

この世の中にアイドルより信用できるもの、心の支えになってくれるものなんてない。何も頼りがないことは死ぬほど苦しいからね。

 

 

私たちオタクは人生の早い段階で人間関係に悩み、アイドルという存在に気づくことができた。(その分多くのものも失ったけど。)

 

オタクはこれから前を向いて生きていける。もし落ち込んだり辛くなってしまっても、私たちにはアイドルという頼りがある。

 

 

私の心の底にあるもの全部ぶちまけてみた。これがオタクの本心なんじゃないかなと思う。

辛い気持ちを思い出させてしまってもうしわけない。でももし、モヤモヤがとれたり胸がすいたら、こんなこと言ってるやつがいたと広めてほしい。

 

自分の気持ちを言い表せないことが、オタクへの間違った偏見につながっていると思う。

自分の胸に抱えこんでいても、世の中は変わらなかった。

だったらもう一度言って世の中を変えるしかない。

 

 

関連記事:りょうすか のプロフィール










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼