推し変 しそうになるのは嫌いになった訳じゃなくて、これ以上ないほどアイドルを信用してるってことなんだ

推し変 する理由

スポンサーリンク




アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

オタクはどうして推し変するのでしょうか?

推し変する気持ちが分からないと、他のグループにファンを奪い取られてしまいます。

問題は、オタクの気持ちがとても複雑なことです。

そこで今回は、オタクの私がアイドルの皆さんにオタクの気持ちをお伝えします。

 

「推し変」は、嫌いになったわけじゃなくて、むしろこれ以上無いほど信用していることの表れなのです。

 

そもそもなぜ”推す”のか?

「推す」とは生きる希望を失わない為の行為です。

 

私は中学生の頃(オタクになる前)、みんなと同じようにクラスの女の子が好きでした。

 

いじめを受けて人間不信になり、人付き合いをやめました。

人付き合いをやめると苛めはなくなります。しかし新たに「孤独」という悩みが生まれます。

孤独は何より辛くも苦しいです。

 

私は必死でアイドルと出会いました。同い年なのに、メンバー同士仲良しで、歌もダンスも一生懸命。優しくて、笑顔がキラキラで。

そんな人クラスにはいませんでした。

 

 

私がアイドルを推すのは恋愛感情というよりも、友達や親友として、命の恩人としてです。

人間不信だから、恋愛感情を抱く心の余裕などなく、生きることに精一杯でした。

その日から私はアイドルとの信頼関係を深めていきました。

 

 

 

推し続けることには限界がある

優しくしてくれるたび、私はますますアイドルを好きになっていきます。

でもあるとき”推し”への気持ちが行き場を失いました。

「もうこれ以上好きになれない」「もうこれ以上信用できない」

と思ったんです。

 

アイドルは世の中の誰よりも信頼できる存在です。

だって推しは8年間1度も、裏切りませんでした。

 

 

しかしアイドルが見せる姿はすべてステージやカメラの中からでした。

そこには必ず「アイドルだから」という言葉がついてまわります。アイドルはアイドルだから裏切らないのかもしれません。

どんなに掘り下げていっても「アイドルが本当に優しいのか?」その真意を確かめることができませんでした。

 

 

アイドルがアイドルである以上、100%信用はできない。最大限信用できたとしても99%なのです。

オタクはこの1%の真実を探し求めて、心を病んでしまうことがある。

推し続けることには限界があります。

 

 

推し変は人間不信を克服すること

100%信用できる人などいるわけがありません。

しかし、そうでもないと、人間不信は直すことができないのです。

騙されると分かっている状態で、二度と人と付き合うことはできません…

もうあの苦しさを味わいたくない。

 

だから私はアイドルを最大限まで信用したとき、「推し変」を選択します。

 

 

親友とは、逆にある程度距離をとって接することがあると思います。

ずっとベタベタしているわけじゃなく、一度適切な距離感を探しますよね。

その信頼関係をそのままに、新しい推しと仲良くなれれば、もう1人友達を増やすことができます。

そうしていつか人間不信を直したい、現実世界に戻りたいと考えていました…

 

 

推し変されるアイドルは、ファンに安心感を与えるほど、

信頼されているのだと思いました。

 

推し変させない為には

推し変 させない為にはアイドルとしての底を見せない

アイドルの魅力は減っていきます。

たとえば、テレビで芸能人の自宅が3回も紹介されていたら、

「それ前に1回見たよ!」ってなりますよね。

 

それと同じで、SNSやYouTube、ライブなど様々な媒体で露出され続けるアイドルは、

魅力がすり減っていきます。

 

そのまま活動を続けていると、いつか普通の人間に戻ってしまいます。

 

現代のアイドルは、「人間らしさ」を出すことは良くできていると思います。

しかし、アイドルの中の「神様らしさ」を増やすことがあまりできていません。

 

たとえば、ヒカキンさんのように元一般人でも、高級な商品を紹介していくことで、「憧れ」を増やしていくのです。

また、はじめしゃちょーのように、1年間〇〇禁止をすることで、ルールを守れる性格の良さの「憧れ」が生まれるのです。

 

推し変させない為には、「憧れ」を少しずつ増やすことをしてみてください。

 

詳しくはこちらでご紹介⇓

今のアイドルは 人間 に近づきすぎている~アイドルらしさを増やす方法

 

 

ファン離れを起こさない為には、ファンの気持ちを知ろう

こちらをクリック⇓

アイドル活動に役立つ記事一覧まとめ【 あいどるらぼ 】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼