推し変 しそうになるのは嫌いになった訳じゃなくて、それだけアイドルを信用してるってことなんだ

推し変 する理由

スポンサーリンク




オタクは必ず 推し変 をします。

 

しかし「推し変」は、嫌いになったわけじゃなくて、むしろこれ以上無いほど信用していることの表れなのです。

もうこれ以上好きになれなくなったとき、最大限に信用しているとき、私は推し変を選択します。

 

私は推し変を信用できる友達を探すことだと思っています。

推し変するたびに友達が増えていく感覚がありました。

 

“推し”を友達、親友として見ている

アイドルのみなさんはオタクの”好き”をどう捉えているでしょうか?

一般的にオタクがアイドルに向ける感情は、恋愛感情と解釈されてしまいますが、(そう解釈しないと一般人には合点がいかないから)実は違います。

その答えはオタクがなぜアイドルを好きになるかを考えると出てきます。

 

 

私は中学生の頃(オタクになる前)、周りのみんなと同じようにクラスの女の子が好きでした。

それが高校生になり突然、クラスメイトなど一切見向きもせず、アイドルを好きになります。いじめをうけて、ひとりぼっちで寂しかったから、優しくしてくれたアイドルを好きになりました。命を救われた。

 

私がアイドルを見るのは恋愛感情よりもどちらかというと、心の支えになってくれる友達や親友として、命の恩人としてです。

人間不信が原因でアイドルを好きになったから、恋愛感情というところまで気持ちがたどりつかなかったし、生きることで精一杯でした。

 

さまざまな理由はあると思うけど、オタクがアイドルを見るのには何かしら理由があります。

アイドルの優しさが意図しない形ですが、私の命を助けてくれました。

 

 

“推し続ける”ことには限界がある

私の”推し”は、いつも同じ笑顔で接してくれて、8年間一度も裏切りませんでした。心の頼りを求めていた私は年月が過ぎるたびその”推し”を信用し、ますます好きになっていきます。

でもあるとき”推し”への気持ちが行き場を失いました。

「もうこれ以上好きになれない」「もうこれ以上信用できない」

と思ったんです。

 

アイドルは世の中の誰よりも信用できる存在です。だって8年間一度も裏切らなかったんだから。そんな人現実には絶対にいません。

しかしアイドルが見せる姿はすべてステージやカメラの中からでした。

そこには必ず「アイドルだから」という言葉がついてまわります。アイドルはアイドルだから裏切らないのかもしれません。

 

アイドルに仮想の姿がある以上、100%信用はできない。最大限信用できたとしても99%なのです。

オタクがアイドルを推しているとき、この1%を探し求めて、心を病んでしまうことがあります。

推し続けることには限界がある。

 

現実の世界に戻るために

私は世の中に生きる希望を失わないように、信用できる何かを探して必死で”推し”のアイドルを探しました。

世の中のみんなみたいに信用できる友達がほしかったのです。

 

私の”推し”はいつも変わらない笑顔で優しくしてくれました。握手会で顔を覚えてくれた。目を合わせてくれた。ブログやSNSでいいねをくれた。

でもそれが”推し”からもらえることの最大でした…

 

命を助けてくれたはずなのに、こんなに信用している”友達”なのに、それだけではすこし寂しいです。

 

“100%信頼できる頼りを求めている”

ここにオタクが立ち直る難しさがあります。

 

自分勝手と思われてしまうかもしれませんが、オタクが立ち直るにはそれくらい深い傷を癒さなければなりません。

残り1%の優しさを必死に求めるのは、そのためです。

 

 

ただ私がアイドルの残り1%の優しさを探せるのは、アイドル達が変わらず高いパフォーマンスをし続けてくれているということでもありました。ずっと変わらず優しくて楽しくて。

だからこそ、私は推しを信用してまた新しい友達(推し)を探しにいけます。

 

「推し変」は、そのアイドルを嫌いになったわけじゃなくて、信用できる友達を探すという意味なのです。

 

もうすこしだけアイドル達の優しさを集めたら、つぎは現実の世界に戻って、信用できる友達を探しに行きたいです。

それまで 推し変 するけど、アイドルのみなさんにはどうか許してほしいです。

 

関連記事:【厄介オタクを産まない】 新規 ファンを効率的に増やすには古参ファンを大切にしよう










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトを運営しているアイドル好きな大学生。自己紹介は「平静と情熱を合わせ持つまっさおな太陽!」イメージカラーは灼熱ブルー。