【これを読むだけ!】収録曲が分かる ももクロ6thアルバム「祝典」全歌レビュー

ももクロ6thアルバム「祝典」

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

ももクロの6thアルバム「祝典」の感想を聞きたい!

どんなアルバムか知ってから買わないと、後悔してしまうかもしれません。

 

問題は、曲の感想を書いてくれているひとがいないことでした。

そこで今回は、「祝典」を実際に聞いてみた、全曲の感想をお伝えします。(AmazonMusicで聞いてみました。)

 

 

アルバムの収録内容・特典は公式サイトにとても分かりやすくまとめられていますので、そちらをご覧ください。

ももいろクローバーZ 6thアルバム「祝典」特設サイト (mcz-release.com)

 

ももクロ6thアルバム「祝典」全曲レビュー

この記事を見ているのはももクロが大好きなモノノフのみんなです。

祝典1. Opening Ceremony -阿-

実際に聞いてみた感想

インドっぽい感じがする神々しい曲です。歌は無く、メロディだけの曲になっています。

「阿」(読み:あ、おもねる)とは、

  • 1山や川の曲がって入りくんだ所。
  • 2自分の意志を曲げて人に従う。
  • 3人を呼ぶ語に冠して親しみを表す語。
  • 4梵語の第一字母aの音写。
  • 5アフリカ。  阿とは – コトバンク (kotobank.jp)

 

という意味があるそうです。(ちょっと意味深ですね)不思議で無限の意味合いが込められていて、オープニングにピッタリの曲だと思いました。

 

MVはこちらから:Opening Ceremony -阿- – YouTube

 

 

02. PLAY!

しおりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第一回発表式典- – YouTube

聞いてるとテンションが上がってきて、なかなか人と会えない時代ですけど、どこにいてもみんなつながっているよだったりとか、どこにいても同じ時間を一緒に楽しもうよというすごく前向きな楽曲で、聴くいているとワクワクしてきます。

 

実際に聴いてみた感想

楽しいことが始まるような明るい曲です。手拍子が良いですね。「どの選択肢を選んでも経験値はたどり着くことを知っている」頑張っている人を励ましているようなももクロらしい曲だと思いました。

 

MVはこちらから:ももクロ【LIVE・MV】PLAY! -LIVE MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

祝典03. ダンシングタンク♡

れにちゃんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第二回発表式典- – YouTube

最新自己紹介ソングになっています。リズム感があったりするので、ライブでできるのが私たちもすごく楽しみなんですけど、ついつい体を動かしたくなってしまうような、首を振ってしまいたくなるような楽曲となっており。とにかく熱くとにかく楽しいそんな1曲。

 

実際に聴いてみた感想

とても勢いがあり早いテンポの曲でした。歌詞にはももクロらしいサブさがありますね。あーりんが女神の貫禄なのは納得ですが、れにちゃんがおしとやかってのはどうでしょねwしおりんの涙はたまにしか見せられないのですねw

 

MVはこちらから:ダンシングタンク♡ – YouTube

 

 

04. MYSTERION

百田さんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第三回発表式典- – YouTube

衝撃的です。今までいろんな楽曲を歌わせて頂いてきたんですけれども、その中でもかなり上位に来る難しさかなと思います。レコーディングをした主旋のもともとのメロとかコーラス・ハモとかいろいろあるんですけど、そういうパーツをいままでで一番たくさん録った楽曲なんじゃないかと思います。いろんなメロディーにコロコロコロコロ切り替わっていくというか、そんな楽曲ですね。

 

実際に聴いてみた感想

主旋?は、良く若者が車のスピーカーからドゥンドゥン鳴らしている感じの曲調ですね。一節でも独特のリズムがあり、一つも同じ歌い方が無いです。(何回聞いてもカラオケで歌えなさそう💦)英語日本語が混ざり合っていて、歌詞もアイドルの複雑な立場を表しているような、とても意味深い曲でした。

 

MVはこちらから:ももクロ【MV】MYSTERION -MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

祝典05. 満漢全席

あーりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第四回発表式典- – YouTube

ライブで歌ったらみんなで手を振りたくなるような、とにかく歌詞の中に美味しい料理のメニューが出てくるのが、一番の聴きどころですw。私が好きな角煮は出てきません。満漢全席(まんかんぜんせき)はたくさんのお料理を食べてお祝いする中国の儀式のことで、みんなで美味しいものを食べて、仲間だよ家族だよという温かい気持ちになれる、一曲になっています。

 

実際聞いてみた感想

歯切れの良い歌詞が楽しい曲です。老酒のところのラップが良いですね。出てくる食べ物はこちら⇒小籠包、上海ガニ、特製フカヒレ、甘鯛蒸し、酸辣湯。

MVはこちらから:満漢全席 – YouTube

 

 

 

06. BUTTOBI!

しおりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第五回発表式典- – YouTube

前山田さんには私たちの楽曲を結成初期の頃から作っていただいているので、まさに前山田ワールド前回の楽曲になっています。この曲は曲の中でメンバー4人が、ゲームで競っている様子を描いていて、途中でダンスの中にも入っているんですけど、メンバーの順位が入れ替わっていく振り付けもあるので、これから振り付けにも注目して見て頂けたら嬉しいなと思います。

 

実際聞いてみた感想

ももクロ×桃鉄のテーマソング。前半にある合いの手(キョロキョロ)と、後半曲調が変わるのも楽しい!また桃鉄をやったときの心の声がそのままの入っているのも面白いです。1兆稼いですられておしまい。最後のサビの所がいいですね。

MVはこちらから:ももクロ【GAME・MV】「BUTTOBI!」 -GAMING MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

祝典07. ショービズ

あーりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第六回発表式典- – YouTube

この楽曲は凄くオシャレな一曲になっています。今までももクロの楽曲でなかったような、ゆったりとしたテンポなんですけれども、すごく歌詞は前向きで、今日も頑張った自分を認めてあげて、明日も頑張っていこうと言うポジティブな気持ちになれる、でも頑張りすぎない感じ?自分の事を大切にしながら、1日を頑張る、そんな気持ちになれる1曲かなと思います。

 

実際聞いてみた感想

早いペースの曲で夢の中に入っていくようなイメージの曲でした。アイドルの気持ちを表している気がして、個人的にはこのアルバムの中で一番好きな曲です。ラップのところ「TikTokあげたら」のれにちゃん好き。あーりんが言ってたサビの佳菜子ちゃんとれにちゃんのワンフレーズ。好きです。

MVはこちらから:ももクロ【MV】ショービズ / Show Biz -MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

08. HAND

れにたんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第七回発表式典- – YouTube

太田胃散のCMになっています。とても温かい曲になっています。手と手を合わせて頑張ろうだったり、手と手を取り合って支え合おう助け合おうだったり、よく「手当て」とか言うじゃないですか、なので手のぬくもり、手で包まれるぬくもりのような温かいそんな楽曲になっています。

 

実際聞いてみた感想

ひとりひとりに長いラップパートが設定されているのが特徴的な曲です。建前と本音の間にリアリティがあるんですよね。さすがももクロ分かってますね。ラップと言えばしおりんですが、メンバー皆とても上手ですね。歌詞もとても深い意味がありそうで、聴くたびにいろいろ考えさせられる曲でした。

MVはこちらから:ももクロ【MV】HAND -MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

祝典09. Intermission -闍-

「Intermission」は途中休憩という意味だそう。歌声なしの曲だけです。裏に聞こえる女性の声が少し怖いですね。どうして闇なのか気になります。

MVはこちらから:Intermission -闍- – YouTube

 

 

10. momo

しおりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第八回発表式典- – YouTube

聴けば聴くほど耳に残る楽曲だなと思いましたし、作詞の世界観もどことなく昔懐かしい感じがありながらも、未来に向かって前向きに進んでいく様子が描かれていて、タイトルも「momo」というだけあって私たちが歌うのにピッタリな曲だと思います。すごく疾走感のある曲で明るいのでライブで歌うのも映(は)えそうな感じです。

 

実際聞いてみた感想

映えるをはえるって読むしおりんが好きです。シューティングゲームをしているような気持ちになる曲でした。「涙が染みる青い空」の声がメンバー4人の誰でもない気がします。歌詞は言葉の自由がないアイドルと、言葉の暴力が飛び交う世の中を歌っているように聞こえました。

MVはこちらから:momo – YouTube

 

 

祝典11. なんとなく最低な日々

百田さんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第九回発表式典- – YouTube

聴いた印象としてはすごく、今の私たちそして今の時代に等身大な曲ではないかという印象です。

 

実際聞いてみた感想

ピッピって機械音が印象的な曲です。「それでもなんとなく続いていく。」「それでも光を探している」「どんな顔すればよいか分からなくなっていく」深みのある歌詞と、ポップな音楽の組み合わせがおもしろい曲でした。

 

MVはこちらから:ももクロ【MV】なんとなく最低な日々 -MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

12. stay gold

あーりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第十回発表式典- – YouTube

ライブじゃ定番曲と言っても過言ではないくらい、楽曲のバンドのサウンド、楽器の激しい演奏がすごく特徴な1曲だと思います。歌詞もすごく力強くて、背中を押してくれるような1曲になっています。

 

実際聞いてみた感想

メタル系?の激しい曲調がカッコイイ曲でした。クールなしおりんすごくイイですね。この曲はなによりあーりんのカッコよさ。これはMVで見るのが良さそうです。

MVはこちらから:ももクロ【MV】stay gold -MUSIC VIDEO- – YouTube

 

 

祝典13. 月色Chainon ももいろクローバーZ ver.

百田さんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第十一回発表式典- – YouTube

「セーラームーン」の映画の主題歌になっている曲でして、セーラームーンの楽曲も私たち今まで何曲か歌わせて頂いたんですが、その中でも一番大人っぽい楽曲になっています。それから何年か経って大人になった私たち、そして英語の中でも大人になったセーラー戦士たちがありますので、そことのリンクで楽曲も大人っぽく仕上がっております。

 

実際聞いてみた感想

しっとりさとゴージャスさがある曲とても良い曲だと思いました。

MVはこちらから:ももいろクローバーZ with セーラー5戦士【MV】『月色Chainon』Animation Music Video – YouTube

 

 

14. 孤独の中で鳴るBeatっ!

 

れにちゃんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第十二回発表式典- – YouTube

時間が止まったような、自分自身と向き合う時間を大切にする曲。歌詞一つひとつにもメッセージ性が強い。

 

実際聞いてみた感想

頑張る人を励ますような、明るいテンポの曲です。4人一緒に歌うパートが力強くて元気をもらえるようで良いですね。サビの「君の優しさがお疲れ様って」のところのれにちゃん好きです。

MVはこちらから:孤独の中で鳴るBeatっ! – YouTube

 

 

祝典15. 手紙

あーりんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第十三回発表式典- – YouTube

素敵なバラード曲。ライブで歌っても素敵な雰囲気になる曲ですし、ゆったりした気分になりたいとき、落ち着きたいときに聞いていただけると前向きな気持ちになれる曲だそうです。

 

実際聞いてみた感想

しっとりした曲で、手紙で送るような気持のこもった歌声が特徴的です。メンバーの声が段々と重なっていくところが重みがあって素敵ですね。

 

MVはこちらから:手紙 – YouTube

 

 

16. また逢う日まで

百田さんの感想:ももクロ NEW ALBUM『祝典』Track List -第十四回発表式典- – YouTube

たくさんの方に愛されている曲なので、原曲へのリスペクトを最大限に込めつつアルバムの締めくくりとして、私たちなりに再アプローチさせていただきました。

実際聞いてみた感想

まず、本家をきいてみましたが、とてもダンディで声量がスゴイですね。サビで音楽が消えて、アカペラになるところ鳥肌です。カッコいい。アレンジバージョンはメンバーのみんなが気持ちを込めて歌っていること、リスペクトの気持ちが確かに伝わってきました。

MVはこちらから:また逢う日まで – YouTube

 

 

祝典17. Closing Session -梨-

こちらは3曲目の歌声なしの曲だけです。すこし悲しい曲調ですね。梨の花言葉を調べてみました。

花言葉は、「和やかな愛情」、「情愛」、「なぐさめ」があります。梨はたくさんの果実をがなるため、まるで感謝をしてたくさんのお礼をしてくれているようだということから

和やかな心持でみんなへの感謝を表現しているのかもしれません。最後にピッタリの曲でした。

 

MVはこちらから:Closing Session -梨- – YouTube

 

この記事を見てくれたのは、ももクロが大好きな真のモノノフのみなさんです。

 

全体を通しての感想。

ところどころ、意味深なタイトルであったり歌詞が入っているところが印象的でした。すべてが違ったタイプの曲で、聞き飽きることのない魅力がありました。

何度も聞いて、自分の心の中と向き合いたい、そんなアルバムだと思いました。

 

 

以上です。

「祝典」のすべてが入ったアルバムセットご購入は、今すぐこちらからどうぞ⇓










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼