【孤独の唯一の解決策】最新技術 メタバース とアイドルとの関係性を考察「知っておくだけで頼りになる」

アイドルを脅かす メタバース

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

ぶっちゃけ人間同士の関係性に希望はないですよね…?

なにも希望がないと、孤独で死んでしまいます。

 

しかし問題は、ひとと触れ合わずに「孤独」を解決する必要があることです。

そこで今回は、ひとと触れ合わずに人間らしさを感じれる、メタバースについて調べてみました!

 

 

最先端技術:メタバースとは?

この記事を見ているのは、テクノロジーの最先端にいるみなさんです。

簡単に言うと、現実なのか仮想なのかわからないほどの仮想。それがメタバースです。

たとえばマトリックスの世界をイメージすると分かりやすいと思います。

 

 

《meta(超越した)とuniverse(世界)の合成語》インターネット上に構築される仮想の三次元空間。利用者はアバターと呼ばれる分身を操作して空間内を移動し、他の参加者と交流する。

メタバースとは – コトバンク

(世界を超越するって、めちゃくちゃカッコいいですよね。)

 

 

1人称視点で(アバターを通して)他者との交流を図るのがメタバース。

なお、数年前に大流行したGREE(グリー)アメーバピグ(ameba.jp)mixi(ミクシィ)などのネットワーク交流サービスの延長線上と考えてもよいでしょう。

さらにゲームの世界に入ったかのようなリアル感と、没入感を高めたものがメタバースです。

 

 

いわば、ゲームの中のキャラが、現実と見まがうほど目の前に現れるわけですから、

人間が理想の姿を演じるアイドルを、超えた存在になるでしょう。

なお、この業界、アイドルやアニメが発達している日本にチャンスがありそうですよね。

 

 

広告:DMM見放題chライト

今すぐこちらをクリック↓

 

①metaverse 現状の問題点

ぶっちゃけクオリティがぜんぜん低いことです。

なぜなら現時点では、仮想と現実の区別が容易についてしまい、のめり込むような没入感は得られていません。

たとえばレースゲームのグランツーリスモ7なんかはめちゃくちゃリアルですが

まだゲームの中にいることが分かってしまいます。

 

 

②メタバース の危険性!

メタバースはあなただけの孤独の解決策になってくれます。

しかし、今後クオリティが上がり、現実と仮想の区別がつかなくなってしまった場合、

コンピューターからの支配を打ち破ろうとする救世主(ネオ)が現れてしまうことです。

 

 

現実世界が嫌だから、自分たちでメタバースを作り出したのに「ここから抜け出すぞ!」って、

お門違いというか、本末転倒というか。

抜け出したところで現実世界が地獄ですけどね。

 

広告:

 

 

メタバース:アイドル業界を滅ぼす!?

私は、アイドルがメタバースを完成させるカギだと思っています。

しかし食い合ってしまう可能性もあります。

なぜなら、アイドルとメタバースは存在する次元が同じだからです。

 

 

世の中はいま、3つの世界に分かれています。

  1. 現実 (3D)
  2. 仮想 (2D)
  3. 仮想現実 (2.5D)

そのなかでメタバースは仮想現実の世界に分類されると私は考えています。

 

 

いわばメタバースは、仮想から仮想現実への移動です。

一方アイドルは、逆に現実から仮想現実への移動です。

ベクトルこそ違いますが、どちらも最終的にはヴァーチャルに位置する存在です。

 

 

「現実なんてクソだ。」

そう考えるひとは、仮想から現実味を見出したい、つまりメタバースにハマるでしょう。

 

「仮想なんてクソだ。」

そう考えるひとは、現実から仮想味を見出したい、つまりアイドルにハマるでしょう。

 

 

だから、メタバースとアイドルは食い合ってしまうことになるでしょう。

しかし私は、アイドルの知識がメタバースに役立つと考えています。

 

 

孤独を解決するために、みんなで協力してメタバースを完成させましょう!

今すぐこちらをクリック⇓

メタバース(metaverse)を完成させるためには、理想的な回答パターンをアイドル(japanese Idols)から考える「人間を超越する」










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼