ファンを増やすにはライブの 一体感 を作ろう!【アイドル×心理学】

アイドルライブの 一体感

スポンサーリンク




はじめまして。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

新規ファンは、古参ファンがアイドルが熱狂する姿に、惹かれていることを知っていますか?

すなわち会場の一体感=熱狂を作ることができないと、ファンを増やすことはできません。

 

 

しかし問題は、ファンがアイドルに熱狂するきっかけが分からないことでした。

そこで今回は、”心理学”からファンの気持ちを説明します。合わせて会場の 一体感 を作る方法もご紹介します。

 

 

①エリクソンの発達段階とは?

私はアイドルを見ていると次第に、優しいアイドルを信じるファンたちにも好意が広がっていきました。

 

エリクソンは、「エリクソンの心理社会的発達論」を提唱し、米国で最も影響力のあった精神分析家の一人とされる。

生後間もない乳児期から、65歳以上の老年期までの自我発達を8つの段階に区分した。 エリク・H・エリクソン – Wikipedia

 

そもそもなぜ、エリクソンの発達段階に着目したのかというと、

私自身、高校生のときに突然アイドルに興味を持ち始めたためです。

つまり、アイドルオタクは産まれながらのものではなく、成長過程のものであることを体感しました。

 

 

そこで私は、ファンがアイドルを好きになる時期と、エリクソンの発達段階がリンクしているのではないか?と考えました。

ようするに、16歳のときにアイドルを好きになった私は、エリクソン発達段階における”青年期の課題=自分らしさについての悩み”を抱えていたのではないかと考えました。

 

 

だから私は、その悩みを解決してくれそうなアイドルを好きになった。

つまりアイドルは”各発達段階の課題”を理解することで、

効率的にファンを増やすことができるはずです。

 

 

広告:スマホ一つでオンライン診療「クリニックフォア」テレビCM放送中

今すぐこちらをクリック⇓

オンラインアフターピル処方 キャッチコピー

ファンは”いつ”アイドルを好きになる?

Yahoo!知恵袋で「アイドルを好きになった年齢」についてアンケートを取ってみました。

すると、男性回答者のほとんどが中学生の頃にアイドルを好きになっていることが分かりました。

 

 

そして私がアイドルを好きになった高校2年生、これも成人期や初期成人期にあたります。

そこで、私のみならずファンは、青年期や初期成人期に問題を抱えている可能性が高いと予想しました。

 

さて次に、各発達段階の問題点を詳しく見ていきます。

 

②ファンがアイドルを好きになる理由:発達課題から探る!

心理学から、すべてのファンに共通する「アイドルを好きなる気持ち」を知ることができます。

 

①乳児期

問題点…信頼感

⇒アイドルを信頼している⇒つまり乳児期に問題は抱えていない。

 

②幼児期

問題点…自主性

⇒新しいことに挑戦しなくなる。→つまりアイドルを好きになることは、理想の人間関係を築くための挑戦。⇒よって幼児期に問題は抱えていない。

 

③学童期

問題点…有能感

宿題など計画的にできないと、劣等感を抱いてしまう⇒劣等感から理想的なアイドルを見ることは考えられる⇒ゆえに学童期に問題を抱えている可能性がある。

 

 

④青年期

問題点…自分らしさや、将来どうやって生きていこう?という悩み

⇒自分が何者かを探すためアイドルに憧れる。共通のファンを見つけアイデンティティを確立する⇒すなわちアイドルを好きになる理由として合点がいく。⇒よって青年期に問題を抱えている可能性がある。

 

 

⑤初期成人期

問題点…信頼できるひとたちとの仲を深めていく。うまくいかないと孤立してし、愛情を失ってしまう。

人間関係が上手くいかずアイドルの理想的な関係性に憧れる。優しいアイドルが好きな優しいオタクと友達になりたい。⇒つまりアイドルを見る理由として合点がいく。⇒だから初期成人期に問題を抱えている可能性がある。

 

 

⑥壮年期⑦老年期

私自身この年齢に達していないけどアイドルオタクになっているので、ここでは割愛します。

 

ファンが抱えている悩み:孤立と自己の確立

したがって、ファンは青年期=自己の確立、初期成人期=孤立の問題を抱えて、アイドルを好きになっていると考えられます。

つまりアイドルは、ファンの「自己の確立」や「孤独」と言った問題点を解消してあげることで、ファンを増やすことができます。

 

 

広告:

 

③ファンの悩みを全て解決する:ライブでの 一体感 を作る!

オタクたちは、アイドルが夢を目指し、一生懸命活動する姿をデビュー当時から見てきました。

 

1.一体感 は一生懸命頑張る姿から

ファンはアイドルという若くして目標をもち活動するひと(自己の確立ができているひと)に憧れ、自分の目標を見つけるヒントを得たいです。

そこで、自分と同じように自己の確立を目指す同士、アイドルに憧れるファンを見つけます。(孤独の解決)

 

 

つまりアイドルがライブの 一体感 を作ることは、ファンの「自己の確立」と「孤立」を一手に解消できる方法なんですね。

 

しかし、一生懸命頑張る=ハイレベルになることではありません。

なぜなら自己の確立を目指すファンは、目標を持ち一生懸命頑張る姿に憧れています。

だから、そのレベルのことはあまり関係ないんですね。

 

 

たとえば最近いいなと思ったのは、「100日後に○○する□□」の構造です。

「100日後に死ぬワニ」という4コマ漫画のオマージュですね。

この構造の魅力は、努力を伝えられることです。

 

 

本家にクオリティは届かなくても、単純に100日間続けるのがすごいこと。

たとえば最近「100日後に股割りする」アイドルさんを見かけました。

結果股割することはできませんでしたが、ファンとの一体感を作るとても良いチャレンジだと思いました。

 

 

 

 

2.一体感 を生むには一生懸命頑張る姿を”見せる”

どんなに努力していても、見せなければ一生懸命さは伝わりません。

だからアイドルのみんなは、レッスンの姿をどんどん発信していくべきだと思うんです。

 

 

なぜなら、ダンスを見ただけで「ココがこうゆう風に上手になったね」と理解してくれるのは、ダンスの先生くらいなものです。

ライブに望むまでの過程が見えて初めて、ファンは熱狂します。

路上ライブからの努力を知っているから、ももクロの紅白出場は感動的なんです。

だから、一生懸命頑張っている姿を見せるのはとても大切です。

 

 

もし「自分から頑張っている姿を見せるのはサブいな…」って方にはこんな方法もあります。

 

なお、この前フワちゃんが、上手な努力の伝え方をしていました。

フワちゃんは大御所芸能人にも怯まずため口をします。私はテレビを見ながらヒヤヒヤしていましたが、大御所芸能人は決して怒りませんでした。

 

そこで私が思ったのは「舞台裏でしっかり人間関係を築づいてるんだろうなぁ」ということでした。

つまり暗に努力を伝えていたわけですね。

 

 

以上、アイドル活動の参考にしていただければ幸いです。

 

 

 

アイドル活動で悩まないためには、オタクに直接相談しましょう。

今すぐこちらをクリック⇓

【心が軽くなる】アイドル専用のお 悩み 相談場所をご用意しました「ファンに直接相談できる」










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼