ショートカット にしたアイドルにオタクはどんな言葉をかけるべきか?

ショートカット

スポンサーリンク




ショートカット にしたアイドルがよろこぶ言葉はなにか?

 

アイドルを応援していると、ロングの1人がショートカットにしてくる場面に遭遇する。

この時私たちオタクは、アイドルにどんな言葉をかけるのが適切だろうか?

 

限界まで伸びてからしか髪を切らない私にはアイドルの気持ちが分からない。

ショートカットにするのには何か意味があるはず。(アイドルに限らず髪を切る人すべて)

 

的外れな褒めかたをしてしまっては、アイドル達が失望してしまうかもしれない。

アイドルに愛想を尽かされないためにも、私たちオタクは「適切な褒め方」を身につける必要がある。

 

 

 

そこで私は「知恵袋」を使いアンケートを取ることにした。

質問者の性別、年齢、内容を説明し、カテゴリを「ヘアケア」にして一般の女性に向けて質問を行った。

その結果、以下4つの回答を得ることができた。

  1. 手入れの手間が減る
  2. 以前の髪型が似合わなかった
  3. ドキドキ感がある
  4. 好きな格好に合わせるため

 

期待通り、女性ならではの回答が集めることができたので、

回答を参考に声かけのパターンを1つ1つ考えていく。

 

①では、かける言葉のヒントが見つからなかった。「めんどくさがりなんですね」とは言えない。

②の場合は、適度な褒めかたが大切になる。ショートカットになった今を褒めすぎると、昔の髪型を否定することになってしまうからだ。と言って、どちらも似合ってますでは褒めかたが足りないとも思う。

③は、ストレートに褒めてあげれば良い。周りからの声を楽しみにしているから、褒めることで安心させてあげるのが最適だろう。

④の場合は目的が格好にある。だから髪型よりも格好を褒めてあげることが正解。

 

もしアイドル側に、ボーイッシュが好きとか、髪型が似合っていなかったというようなヒントがあれば、これらを踏まえて褒めてあげれば良い。

 

 

 

しかしながら、私たちオタクがアイドル達の心情を察することは難しい。

①②③④に共通してできることは適度に褒めることだった

いろいろ考えた結果、適度に褒めれば大丈夫という最初に思い付きそうな結論にたどり着いてしまった。

でも、適度に褒めるのは以外に難しいことで、上記のどのタイプかを見分けなければいけないし、”適度に”が曖昧すぎる。

 

 

 

そこで今度もインターネットを頼りにして「適度に褒める方法」を考えてみる。

「褒めすぎない」と検索するとヒントとなるサイトを見つけた。

https://allabout.co.jp/gm/gc/464560/

アドラー流とか言う胡散臭い名前があったから警戒したけど、読んでみると確かそうな内容だった。精神保健福祉士という資格を持っている人が書いてるみたいだし、きっと大丈夫だろう。

 

これを見ると褒めすぎは良くないと書いてある。簡単に褒められすぎた人は、表面的な部分だけを見られていると思ってしまうそうだ。

私はアイドル達ももしかしてそんな風に感じているのかもしれないと思った。私はアイドル達を褒めすぎていた。

ショートカットを褒める記事だなんて、まさにアイドルの表面しか見ていないじゃないか。

 

アイドル達は表面的な部分より、内面的な部分を褒めてもらうほうが嬉しいのだ。

内面を褒めることは、その人のことを良く見ていないとできない。あなたを良く見てますという態度が相手に満足感を与え、適度に褒めることに繋がる。

 

 

内面を見ていることを表す言葉、それは「ありがとう」だ。

一方で、「ありがとう」や「うれしい」は、自分が感じた素直な気持ちを相手に寄り添いながら伝えることです。人は、他者からこうしたメッセージを受けとることで、こころに内在する“勇気”、すなわち「私は、自分の力で建設的に生きていける」という意識が強化されるのです。

要約すると、「ありがとう」は相手の内面を認めてあげる魔法の言葉ということ。

 

大切なのは「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることだったのだ。

 

「ありがとう」なんてアイドルに対してオタクのみんなが思っているけど、実際口に出して言うとなると恥ずかしい。

けど確かに、私自身言われると嬉しい言葉だし、すべてを認めてくれたようにすら感じる。

 

結論として、ショートカットになったアイドルには、

髪を切ってくれて(ファンをいつも楽しませてくれる心意気を)ありがとう。と言葉をかけるのが適切である。

 

 

関連記事:感謝の卒業シーズンなので、 卒業するアイドル に送る言葉を考えてみたい










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼