オタクが嫌われない為に、「ショートカット」 のアイドルにかける最適な言葉を考えてみた。「大切なことが分かる」

ショートカット

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

推しのアイドルが突然、ショートヘアにすることがあります。

そのとき的外れな褒めかたをしてしまっては、アイドルたちに嫌われてしまうかもしれません。(“かわいい”の言葉だけで本当に良いのでしょうか?)

 

問題は、メンズの私には、女性の気持ちが分からないことでした。

そこで今回は世間の女性の気持ちをヒントに、アイドルにかける最適な言葉を考えてみました。

 

 

【アンケート調査】世間の女性がショートカットにする気持ち

この記事を見ているオタクのみんなは、アイドルを大切にする心優しい人たちです。

 

「ヘアアレンジにはどの意味が大きいですか?」

カテゴリを「ヘアケア」にして一般女性からの回答を待ちます。

 

その結果、女性ならではの回答を得ることができました。

  1. トリートメントなど手入れの手間が減る
  2. 以前の髪型が似合わなかった
  3. ドキドキ感がある
  4. 好きな格好に合わせるため

 

この回答を参考にアイドルへの声かけのパターンを1つ1つ考えていきます。

 

 

①では、かける言葉が見つからなかりませんでした。「めんどくさがりなんですね」とは言えません。

②の場合、ショートカットになった今を褒めすぎると、昔の髪型を否定することになってしまいます。しかしどちらも似合ってますでは褒めかたが足りないとも思いました。

③は、ストレートに褒めてあげれば良い。周りからの声を楽しみにしているから、褒めることで安心させてあげるのが最適でしょう。

④の場合は目的が格好にあります。だから髪型よりもファッションを褒めてあげることが正解です。

 

もしアイドル側に、①~④を判断できるヒントがあれば、これらを踏まえて褒めてあげれば良いです。

 

①②③④に共通してできることは適度に褒めることでした

 

 

広告:

今だけのアイドルの姿を写真に残そう

 

アイドルは内面を褒めて欲しい

いろいろ考えた結果、「適度に褒めれば大丈夫」という、最初に思い付きそうな結論にたどり着いてしまいました。

しかしながら、適度に褒めるとは曖昧です。アイドルの心情も察しなければいけません。

 

そこで今度もインターネットを頼りにして”適度に褒める方法”を考えてみました。

「褒めすぎない」と検索するとヒントとなるサイトを見つけました。

記事⇒ほめすぎは逆効果?アドラー流・よりよい声かけのコツ [ストレス] All About

 

そこには「褒めすぎは良くない」と書いてあります。簡単に褒められすぎた人は、表面的な部分だけを見られていると思ってしまうそうです。

私は直観的に「アイドルを褒めすぎていたかもしれない」と思いました。

ショートカットを褒める記事だなんて、まさにアイドルの表面しか見ていませんでした…。

 

 

アイドルはオタクたちの表面的な発言に嫌気が差しているのかもしれません。

アイドルは表面的な部分より、内面的な部分を褒めてもらうほうがきっと嬉しいのです。

 

内面を褒めることは、その人のことを良く見ていないとできない。

あなたを良く見ていますという態度が相手に満足感を与え、適度に褒めることに繋がります。

 

内面を見ていることを表す言葉、それは「ありがとう」です。

 

 

ショートカットにしてくれる心意気をありがとう

一方で、「ありがとう」や「うれしい」は、自分が感じた素直な気持ちを相手に寄り添いながら伝えることです。人は、他者からこうしたメッセージを受けとることで、こころに内在する“勇気”、すなわち「私は、自分の力で建設的に生きていける」という意識が強化されるのです。

 

オタクたちはアイドルに対していつも感謝の気持ちを持っているけれど、

実際「ありがとう」を口に出して言うとなると少し恥ずかしいです。

けど確かに、私自身言われて嬉しい言葉だし、すべてを認めてくれたようにすら感じます。

 

 

結論として、ショートカットになったアイドルには、

髪を切ってくれて(ファンをいつも楽しませてくれる心意気を)ありがとう。と言葉をかけるのが適切です。

 

 

ツインテールのひなたが見たい!!

「楽しい気持ちになる」 ワチャワチャ感が伝わる、エビ中らんどっ!レビュー

ひなちゃんの転校について。最後までアイドルをやり抜いてくれてありがとう。










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼