いい歳 をした アイドル好き がキモいのかそうじゃないのかは応援するアイドルによると思う

スポンサーリンク




アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

いい歳 をしたアイドル好き がキモいかそうじゃないのかの議論について。

私はそれ、応援するアイドルによると思うんです。

 

なぜならアイドルによってオタクを引き付ける魅力は変わるからです。

 

たしかに私も、昔のような嘘だらけのアイドルに嵌るオタクは妄想が過ぎるかと思いますが、

ですが今やもうアイドルの在り方は変わっているんです。

 

 

昔のアイドルはテレビ上でのみ会える、妄想に近い存在でした。一方で現在はこのような妄想に加え、現実の面が存在します。

 

なのに世間の皆さんはいまだに昭和のアイドル像をイメージし、オタクは気持ち悪いと言っています。

たしかに仮想の強いアイドルにハマるいい歳したオタクが、

「いつまで仮想の世界に生きているんだ。現実を見ろ。」

と蔑まれるのは納得がいきます。少し現実を見た方がいいのかもしれません。

 

 

しかし今のアイドルは現実味がとても強いんですね。

今ではアイドルとオタクとの距離は近くなり、実際に会うことができます。

 

握手会に行けば手に触れることができるのですから、昔のような完全な仮想の存在ではありません。

twitterやブログで私生活を見せたりと、いまやアイドルには現実と仮想の両面が存在しています。

たとえばももクロさんやでんぱ組さんのように、「全力さ」や「暗い過去」など、強烈な現実を持つアイドルが存在します。

今のアイドル達は現実味を見せることで、オタクから信頼を得て人気者になっていきます。

 

この現実でのキャラを見せる点が、今と昔のアイドルの大きな差別点です。

昔のアイドルは仮想の面がとても大きいですが、

今のアイドルは現実と仮想の中間(バーチャル)の存在と言うことができます。

 

 

そこで何が言いたいかというと、

いい歳した大人が好きになる理由があるのが今のアイドルだよ。ということ。

 

仮想を信じても意味がないけど、現実を信じたって裏切られるだけ。

もう誰も信じられなくなった、世の中に疲れた大人がハマる理由がそこにあります。

なぜなら仮想と現実を持ち合わせるアイドルは、この世の中の何よりも信用できる存在だからです。

昔のように子供だからアイドルにはまるという考えはもう古いんですね。

 

 

アイドルオタクをキモいと言うなら、

そのアイドルが信じられるか信じられないかを議論してください。

 

推すアイドルが完全に仮想の存在ならばオタクは少し現実を見なければいけませんが、

逆に少しでも現実味が見えるなら、その仮想が現実のものであって欲しいという願うのは悪いことじゃない思うんですよね。

 

誰だって好きな異性のタイプは?と聞かれたら「優しい人」って答えるじゃないですか。それはそんな人いないのは分ってるけど、いて欲しいと願っているわけですよね。

もし道端で落とした財布を笑顔で拾ってくれる人がいたら、「この人優しいな」って思いたいでしょう。

まぁ現実にはそんな人いませんが…

 

何が言いたかったかというと、

いい歳して一昔前のような仮想だけのアイドル像にハマる人はキモいけど、少しでも現実味を見せてくれるアイドルにハマるのは悪いことじゃないし、別にキモくないよということでした。

 

言い換えると、いい歳してAKBにハマる人はキモいけど、ももクロにハマる人はキモくないよということでした。

 

嘘です。さようなら。

 

関連記事:【AKBは嫌いで ももクロ が好き】オタクが思う推したいアイドル










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼