ハマらずにはいられない。 アイドルの 種類 と おすすめのアイドル を紹介するよ!

アイドル 種類 おすすめ

スポンサーリンク




こんにちは!アイドルオタクブロガーのりょうすかです!!

 

今回は必ずハマれる、アイドルの見方をご紹介します!!

初めは否定的だった私も、見事にハマりました。この記事を見たならきっと誰もアイドル好きになることを避けられませんよ。

 

ですが、注意事項が1つだけあります。

これから3 種類 のアイドルグループを紹介しますが、

すべてのアイドルを好きになることはどんな人にも絶対にできません。

 

しかし、必ずどれか1つはあなたが好きになれるアイドルが存在するという紹介をさせて頂きます。

ですので最後まで見逃さないでくださいねー

 

それではスタート!

必ずハマれる アイドルの 種類 を紹介!

1.AKB48さん・モーニング娘。さん

言わずと知れた超人気アイドルグループですね。

この巨大なグループの共通点は、仮想味が強いということです。

たとえば渡辺麻友さんに代表されるような、理想のアイドル像をもつ完璧なアイドルです。

私は彼女を見たときまさに正統派なアイドルを感じました。彼女の良さを聞いてみると、真面目さと答えてくれる方がいたんですね。

ストイックにアイドルを演じ続ける姿に心引かれるところがあると思いました。

 

またモーニング娘。さんについて聞いたアンケートでは、フォーメーションダンスや歌などパフォーマンスの高さ、ルックスの高さが魅力的との回答が多数あり、完璧なアイドル像をもっていることがうかがえます。

完璧な姿には私も憧れる点があると感じました。

 

このアイドルをお薦めしたい方は、アニメ、マンガ、小説が大好きな方です。

 

2.ももいろクローバーZさん・でんぱ組.incさん

私が大好きなタイプのアイドルグループです。

彼女たちの共通点は、現実に存在するようなアイドル、ヴァーチャルのアイドルです。

その良さは、人間らしさを表現する点にあります。

 

でんぱ組.incさんは、メンバーがみんな種類の違うオタクなんですね。いじめられっ子だったり、知られたくない過去をそれぞれもっていて、そんな生々しさを楽曲で表現するところが彼女たちの魅力です。

(ももクロさんなら言わずもがな全力が特徴のグループですが、)

 

現実と仮想を混ぜ合わせることで、アニメのような優しさを、まるで本当かのように見せてくれるのが魅力です。

アイドルなのに汗だくになっている姿は衝撃的で、胸を打たれるものがありました。

 

このアイドルを薦めたいのは、インターネット、ブログ、テレビが大好きな方です。

 

3.Negiccoさん・ご当地アイドル

そして最後はご当地アイドルです。共通点は現実味が強いことです。

ご当地アイドルと言えば、地域に根差しており、その土地の特色を取り入れたアイドルです!

 

Negiccoさんは新潟のご当地アイドルで、とても有名なアイドルです。(お餅のCM出てる)

ネギを持ってパフォーマンスをすることもあるそう。(そういうの大好き)このグループの魅力は、ファンの温かさ、楽曲の素晴らしさ、素朴さを感じられることにあります!!

ご当地アイドルは地域やファンとの繋がりも強く、ファンがより暖かくて優しいんです。

実はリーダーのNao☆さんは、30歳という年齢を公開しているそう。普通のアイドルなら考えられないことですよね。それもファンとの信頼関係があるからできることなんだとただただ驚きです。

 

このアイドルをお薦めしたいのは、イベントに参加したり、スポーツをするのが大好きな方です。

 

 

アイドルといってもみんな違った良さがある!

  • 仮想味が強い
  • 仮想と現実のど真ん中(ヴァーチャル)
  • 現実味が強い

3つのアイドルの種類を紹介しました。

 

アイドルといっても大きな差別点があるんです。そしてそこから個性を発揮するアイドルたちはたくさんいます。

それでも私が感じるのは、たった1グループをチラ見しただけで、アイドル全体を嫌いという人がたくさんいることです。

 

どんな趣味でも、それに興味がない人は、その趣味の一面だけしか見ていないと思うんですね。

 

実はアイドル大好きマンの私も、AKBブームのときは全くアイドル好きじゃなかったんです。(むしろ嫌いでした。)でも、ももクロに出会ったらどハマりしました。

 

きっと合うあわないがあるから、偏見だけ持つのは良くないことだなって。

自分が好きになれるアイドルは必ず存在するので、ぜひアイドルを見てみてほしいです。きっと支えになってくれます。

そのなかでこの記事を参考にして頂けたら嬉しいです(^^)

 

 

おしまい。

 

おすすめ記事:

いまアイドルを好きと言うのは簡単なことじゃないけど、これからは アイドルオタクは恥ずかしい と言えない世界が必ずやってくる。

 










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトを運営しているアイドル好きな大学生。自己紹介は「平静と情熱を合わせ持つまっさおな太陽!」イメージカラーは灼熱ブルー。