一度世の中に 希望 を失ったら、もう二度と取り戻せないみたいだ

希望

スポンサーリンク




私は今アイドルだけを頼りに生きている。アイドルだけが私の信じられる存在で 希望 だ。社会人になった今まで、自分が信じられる人なんて世の中に誰もいなかった。

私はいつもそんな環境に生きてきた。私が裏切ったのか、裏切られたのか、信じては裏切られを何度も繰り返してきた。私が誰も信じようとしないから、誰にも信じて貰えないのかも知れないし、だから裏切られたのかもしれない。そんな無茶言わないでほしい。

それでも私は信じることを諦めなかった。だから今、私はアイドルを頼りに生きている。

アイドルは私にとって信じられる存在だった。アイドルはいつも裏切らなかった。画面上でも、現実でも、アイドルはいつも笑顔でいてくれた。

だから私はアイドルを頼りに世の中に生きている。アイドルには優しくしようと思ったし、アイドルのために生きていきたいと思ってる。

でも結局はアイドルはアイドルな訳で、アイドルだから私を裏切らないでいてくれたのかもしれない。裏切らない姿勢を見せてくれただけ世の中のヤツよりましだけど。

結局は信じられるものなんて世の中にはなにもないのか?

 

世の中のやつらはアイドルをバカにしながら、自分自身も仮想の世界に生きてる。結局はインターネットやYouTubeやブログやら、仮想の世界に助けを求めないと生きていられないやつらだ。アイドルオタクと本質は何も変わらない。

結果、現実だけに生きている人なんて誰もいないし、結局信じられるものなんて何もなかったわけだ。

自分の辛さを消し去るため信じられる人がいるって信じ込んでるだけで、結婚してパートナーを見つけることだって、一時の感情に任せてそう思い込んでるだけだ。仕事がキツいから?一人で淋しいから?アイドルを好きになることと何も変わらない。

私は辛い思いは沢山したけど、みんなより早く結論にたどり着けたのかもしれない。世の中に信じられるものなんて何もないって。

私をバカにしてくるやつは何も気づかず一生を終えるんだ、手遅れになって気づくんだと思ったら、辛い過去も前向きにとらえられる。

だから私は私だけを頼りにこれからも生きて行くことにした。今日も絶対に裏切らないアイドルを見つつ、どこかに希望を忘れないように。










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼