アイドルの良さを伝えるために、オタクの悪い イメージ を変化させる方法を調査「次のレベルに押し上げる」

アイドルオタクの イメージ

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

オタクにはなぜ偏見があるのでしょうか?

その理由が分からないと、私たちオタクは苦しめられ続けることになってしまいます。

しかしその理由は考えるほどとても複雑です。

今回はオタクのみんなが共感できる記事を見つけましたので、ご紹介します。

 

世間のアニオタのイメージ

オタクに悪い人はいないし、みんな良い人たちばかりです。

なぜなら良い人が傷つけられる世の中だからです。

 

「アニオタ=キモオタではないし、オタク=キモイではない」

ハライチ岩井が『キモオタ論争』について言及 ニコニコニュースORIGINAL https://news.nicovideo.jp/watch/nw3021732 参照

 

以下、記事内での岩井さんの発言です。

アニオタの イメージ って、いろいろなところで「ヤバい」というイメージ付けをされた。たとえば世間的にヤバい人がいました。こいつがヤバいことをしたときに、パーソナル的なことを調べたら「アニメ好き」というものが出てきた。世間はアニメってそんなに見ないし、「アニメってどういうものなんだろう?」と思ったときにこういうことが起こると、「アニメってヤバい人が見るもんだ」というイメージになる。

 

私もなんとなくのアニメオタクへのイメージしか持っておらず、

その実態については詳しく知りませんでした。

 

誰かがはじめにその「キモイ」イメージ付けをして発信したのでしょうが、

一般の方がそのイメージを聞いたときに、特に問題がないというか、

別にそれを否定する意味もないと思いました。

 

なによりそこまで意識をしていないし、

そこまで深く考えていないのが世間なのではないでしょうか。

 

広告:

 

アニメと焼きそばの違い

こっちにもう一人ヤバイ人がいました。この人がたとえばやきそばが好きで、そしてさっきのヤバイ人もやきそば好き。そうしたときに世間はやきそばに対しては、やっぱり「やきそば」なんだよね。「?」がまったくない。つまり「やきそばというものは、そばをソースで絡めて焼いたものだ」と、世間がどういうものかが既にわかっている。

 だからヤバイ人がやきそば好きとなっても、「やきそばってヤバイ人が食べるものか?」とならない。

 

だから私たちアニメが好きな人がすべきことは、世間に対してアニメについて知ってもらおう、「?」をなくそうということが、世間に対してアニメへの偏見がなくなる近道なのではないでしょうか。だからもうアニオタ=キモオタという偏見はやめましょう。そしてアニメ好きな人が、偏見を持たれることを言っていてはいけないよと思う。閉鎖的なものにすることによって、そういうものになってしまうからね。

 

「アニメについて知ってもらうことが偏見をなくすための近道」という意見。とても共感を得た点です。

 

でもそこで難しいのが、人それぞれ好みがあることです。

だからまずは相手の好みを受け入れる必要があると思いました。

 

たとえば、アイドル好きな私は基本、現実の人を誰も信用していません。(爆笑)

でも私のアイドル好きを理解してくれた上で、「もし現実にもこんな良い人がいるんだよ」と教えてくれる人がいたなら、すんなり受け入れられるとも思います。

 

だからアイドルオタクのイメージを変えていくためには、

まず自分が現実の女性の良さを理解した上で、

でもアイドルにもこういう良さがあると伝えていく必要があります。

 

 

アニメとアイドルという分野は違っても、岩井さんのような発言力のある方が、こういった考えを発信してくれていることを知れてよかったです。

twitterなど幅広く議論が起きていることを肌で感じることができましたし、これから印象を変えられる可能性も感じることができました。

 

私の場合には、アイドルの良さをブログを通して伝えていければなと思います。

 

 

世間からオタクへの偏見をなくす為には:

こちらをクリック⇓

アイドルオタクへの 偏見 をなくすため、世の中のキモイ趣味を調べてみた「たった1つの原因が分かる」










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼