アイドル 低年齢化 の理由

低年齢化 の訳

スポンサーリンク




アイドル 低年齢化 の理由を簡潔に言うと、いじめを受け人間不信になったオタクは、より優しそうなアイドル像を求めているからです。

アイドルは現実の人間にはない性格の良さと優しさを持っていますが、オタクはその中でもより優しい子供のアイドルに頼りを求めます。

大人と子供どちらが心が綺麗かと言えば、子供の方が綺麗だと私は思います。

生まれたての子供たちすら心が汚いのなら、この世の中には何も希望が無いんだなと思います。

 

 

オタクがアイドルを見るわけ。

  • オタクは人間関係の悩みを抱えている。そこで人間関係の悩みを解決できる可能性があるアイドルを好きになる。
  • 人間関係の悩みとは例えばいじめのこと。人間不信の孤独は苦しいです。現実の人間は誰一人として信用なりません。だけどアニメの嘘の優しさを信じたって意味がない。だから性格の悪い人間の現実と、性格の良いアニメの仮想を組み合わせた、”現実なのに性格が良い”アイドルに、生きる希望を託します。

 

 

 

そこでオタクは、より人間関係の悩みを解決できそうな、より優しくて性格の良いアイドルを好きになっていきます。アイドルの仮想は、どういう現実を持っているかによって変わってきます。(たとえば、口パクするアイドルは他のことにもきっと嘘をついてるはず。)なのでより優しくて性格の良いアイドルは、現実での性格の悪さ度合いが低いアイドルです。

 

  • アイドルも半分は人間なので、その半分の現実をいかに性格の悪くない人が演じるかが大切。
  • より優しそうな現実の人間を探したときに、大人よりも子供に注目する。大人より子供の方が性格良いはず…。誰もがそうあってほしいと願うはずだし、子供が生まれながらに性格悪いと言うのなら、なにも希望が無いと思う。

 

 

 

まとめ

オタクは人間関係の悩み解決するためにアイドルを見ている。→現実と仮想を組み合わせたアイドルは”本当のような優しさ”を見せてくれるから。

アイドルにも性格の悪い現実の人間としての部分があるから、そのリスクをなるべく減らしたい。そのとき人間としてより性格が悪くなさそうなのは、大人より子供。

 

つまり究極のアイドルはあいちゃん6歳です。

 

以上です。

 

 

関連記事:【 なぜ オタクに?】 普通の高校生だった私が突然アイドルオタクになった理由










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼