なにも悪いことしてないのに、なぜ アイドルオタク は気持ち悪がられるのか?

アイドルオタク はなぜ気持ち悪がられる?

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタク ブロガーのりょうすかです。

 

なぜ世間は、オタクがアイドルを「性的な目」で見ていると決めつけるのでしょうか?

このまま好き勝手言わせて、オタクたちが傷つけられ続けるわけにはいきません!

 

 

問題は、世間がオタクの苦しい過去に付け込んで、自分がした”いじめ”を正当化したことです。

そこで今回は、オタクがキモいと言われる理由の説明と、解決策のアイドルを応援する”理由付け”をご紹介します。

 

 

アイドルオタク が1mmも気持ち悪がられないためには、興味を持ったわけを説明する!?

本音を言うとオタクは、いじめられ人間不信にさせられたから、ルールを守れる性格の良い、異性のアイドルを見ています。

たとえば女性オタクにはキモいイメージが少ないのはなぜでしょうか?

それは女性はアイドルになることが夢だから、気持ち悪くないのだと思いました。

 

 

表1 将来なりたい職業 中学生(ソニー生命 中高生が思い描く将来についての意識調査2017

中学生 将来なりたい職業

表2 将来なりたい職業 高校生

高校生 将来なりたい職業

 

 

そこで、中学生も高校生も、女性はアイドルを夢見ていることが分かります。

アイドルを夢見る女性がアイドルを見ることは、なんら不思議ではありません。

つまり女性はアイドルを見る“理由付け”ができているのです。

 

 

いっぽう男性はアイドルになりたいわけじゃないのに、アイドルに興味を持っています。

 

この「なぜ?」が男性アイドルオタクがキモい理由になっています。

  1. アイドルを応援するわけを打ち明けない
  2. アイドルに憧れているわけでもない
  3. 興味を持つのはやましい理由があるからと思われてしまう

 

 

つまり、ほとんどの男性オタクはアイドルが好きなわけを示せていません。

だから「性的な目で見ている」という最悪の理由までたどりついてしまっているんです。

 

 

だからそれを連想させない強力なアイドルを応援する理由付けをしてあげる必要があります。

男性も女性と同じように「アイドルになるのが夢だった」と言うことで、

強力な理由付けができます。

 

広告:

 

興味を持ったわけ:アイドルを目指してた と言うこと

「アイドルを目指してた」と言うことでオタクの偏見を解決することができます。

 

なぜなら夢を見るって変なことじゃないと思うんですよね。(唐突)  むしろ私は素晴らしいことだと思っています。

たとえばバレー経験者の男性が女子バレー日本代表の試合を見ることです。

これはなにも違和感がありません。

 

 

バレー経験者の男性が、プロの選手(男女問わず)に憧れるのは理解できます。純粋な気持ちで応援しているように見えますよね。

もしバレー経験者の男性が”いやらしい目”で女子バレーを見ていても、周りのひとは「バレーが好きなのね」と思うだけ。

ところが逆に、バレーをしたことないひとが急に女子バレーを見だしたら、キモいし不自然です。

 

 

このように憧れであったことを示せば、私たち男性アイドルオタクでも、純粋にアイドルを応援する姿を見せることができると思いました。

「私はアイドルを目指していた。だから憧れの気持ちでアイドルを見ている。」

とても自然な理由です。

 

 

そこで問題は、「アイドルを目指していた」と言うメンタルが私たちオタクにあるかどうかです。

 

 

広告:オリジナル アクキーも作れる!

今すぐこちらをクリック↓

アイドルオタク

 

 

最もスマートなのは「9歳の頃アイドルになりたかった」と言うこと!?

「アイドルを目指してた」と言うのはメンタルが削られる。

問題を解決するのが「子どもの頃」という魔法の言葉です。

 

 

「子どもの頃アイドルになりたかった。だから今でもアイドルを見る」

これが今回たどり着いた、気持ち悪いくないアイドルオタクの答えです。

 

  1. 子どもの頃アイドルを目指していたが、夢は叶わなかった。
  2. だから今ステージに立つアイドルたちを憧れの気持ちで見ている。

 

 

私たち男性オタクが女性アイドルを応援する姿は、憧れのアイドルを純粋な気持ちで応援しているように見えます。

 

この「子どもの頃アイドルになりたかった」という発言は、誰にも否定できない強力なものです。

なぜなら過去の話だし、子どもの発想は誰にも否定できないから。

(どんな成長を遂げたかなんて誰にも想像できません。)

 

 

誰しも子ども時代を経験していますから、「アイドルに憧れていた」という発言はみんなが使えるものなんです。

 

オタクになったわけを説明して、堂々とアイドルを応援しましょう。

 

 

オタクへの偏見をなくすには、アイドルの気持ちを知ろう!

今すぐこちらをクリック⇓

【アイドルの気持ちが分かる】あいどるらぼの オタク活動 に役立つ記事まとめ【これを読めば完璧!】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼