なにも悪いことしてないのに、なぜ アイドルオタク は気持ち悪がられるのか?

アイドルオタク はなぜ気持ち悪がられる?

スポンサーリンク




こんにちは! アイドルオタク ブロガーのりょうすかです。

 

アイドルオタクが気持ち悪がられてしまうのは、アイドルを応援する心理が一般人には分からないからではないでしょうか?

 

なぜ20代の男性が10代の少女に熱狂するのか?

一般人はその理由を「性的な感情」だと思っています。

 

 

そこでオタクたちが「アイドルの成長を願っています!」と言うのは、実はとても苦しい建前で、

本音は、あなたたち一般人からいじめをうけて失った学生時代を取り戻したいから、当時と同年代のアイドルを今でも見ているのです。

でもそんな辛くて苦しい過去は言えません…。(言う必要もありません)

 

 

だからこれ以上世間に好き勝手言わせないように、アイドルを応援する理由を作ってしまえばいいんですよ。

そこで私は、アイドルに憧れていたと言うことを提案します。

オタクを馬鹿にするような人には嘘をついても構わないという判断のもと行います。

 

アイドルオタク が気持ち悪がられないためにはアイドルに興味を持った過程を示す。

男性と女性では男性オタクの方がキモいイメージがあるのはなぜでしょうか?

 

女性はアイドルになることが夢だから、アイドルオタクでも気持ち悪くないのではないかと思いました。

アイドルを夢見る女性がアイドルを見ることはなんら不思議ではありません。

つまり女性はアイドルを見る“理由付け”がきちんとできているのです。

 

調べてみるとアイドルを目指す女性が多いのに対し、アイドルを目指す男性は少ないことが分かりました。(一番最後に載せています)

 

 

いっぽう男性はアイドルになりたいわけじゃないのに、アイドルに興味を持っています。

これって不思議ですよね…。

 

この「なぜ?」が男性アイドルオタクがキモい理由になっています。

  1. アイドルを応援する理由がわからない。
  2. アイドルを応援する理由を絶対に打ち明けようとしない。
  3. アイドルに興味を持つのは何かやましい理由があるからと思われてしまう。

 

このように、ほとんどの男性オタクはアイドルが好きな理由を示せていません。だから「性的な目で見ている」という最悪の理由までたどりついてしまうんです。

(言えない事情があるんですけどね…)

 

 

一度そうなってしまうと異性を見ている以上、そこに目的があることを否定するのは難しいです。(動物の最終目標はそこですからね…)

 

 

しかしその目的を連想させない強力なアイドルを応援する理由付けをしてあげれば、私たちはキモいと思われずに済むのではないでしょうか?

男性も女性と同じように「アイドルになるのが夢だった」と言うことで、強力な理由付けができます。

 

好きな理由として納得されるのは、「アイドルを目指してた」と言うこと

夢を見るって変なことじゃないと思うんですよね。(唐突)  むしろ私は素晴らしいことだと思っています。

 

たとえばバレー経験者の男性が女子バレー日本代表の試合を見ることです。

これってなにもおかしくありませんよね。

 

バレー経験者の男性が、プロの選手(男女問わず)に憧れるのは理解できます。純粋な気持ちで応援しているように見えます。

もしバレー経験者の男性が”いやらしい目”で女子バレーを見ていても、周りの人は「バレーが好きなのね」と思うだけ。

でも逆に、バレーをしたことない人が急に女子バレーを見だしたら、キモいし不自然です。

 

 

このように憧れであったことを示せば、私たち男性アイドルオタクでも、純粋にアイドルを応援する姿を見せることができるのではないでしょうか?

「私はアイドルを目指していた。だから憧れの気持ちでアイドルを見ている。」

とても自然な理由だと思います。

 

 

しかし問題は、アイドルを目指していたというメンタルが私たちオタクにあるかどうかです。

 

解決策は「子供の頃アイドルになりたかった」と言うこと

「アイドルを目指してた」と言うのはメンタルが削られる。

 

この問題を解決するのが「子供の頃」という魔法の言葉です。

「子供の頃アイドルになりたかった。だから今でもアイドルを見る」

これが今回たどり着いた、気持ち悪いくないアイドルオタクの答えです。

 

 

子供の頃アイドルになりたかったと言うだけで、夢に思いをはせるオタクになることができます。

  1. 子供の頃アイドルを目指していたが、ついに夢は叶わなかった。
  2. だから今ステージに立つアイドル達を憧れの気持ちで見ている。

 

私たち男性オタクが女性アイドルを応援する姿は、憧れのアイドルを純粋な気持ちで応援している様に見えます。

 

この「子供の頃アイドルになりたかった」という発言は、誰にも否定できない強力なものです。なにより昔の話だし、子供の奇想天外な発想は誰にも否定できないから。

(どんな成長を遂げたかなんて誰にも想像できません。)

 

誰しも子供時代を経験していますから、「アイドルに憧れていた」という発言はみんなが使えるものなんです。

 

オタクになった理由を説明して、堂々とアイドルを応援しましょう。

 

 

関連記事:いまアイドルを好きと言うのは簡単なことじゃないけど、これからアイドルオタクを 恥ずかしい と言えない世界が必ずやってくる。

 

 

 

 

参考資料 男性でアイドルになりたい人は少ない!?

 

女性と男性の夢の違いについて

表1 将来なりたい職業 中学生の回答結果

中学生 将来なりたい職業

表2 将来なりたい職業 高校生の回答結果

高校生 将来なりたい職業

ソニー損保株式会社が行っていたリサーチ、「中高生が思い描く将来についての意識調査2017」のうち、「中高生の将来の夢」について引用させていただきました。

この調査は毎年おこなわれているもので、ランキングには若者たちの夢が反映されています。

まず表1、将来なりたい職業の回答を見てみると、

男子中学生において、ITエンジニア・プログラマーが同率1位という結果でした。(中学生は世の中の流れをよく見ているんですね。)

そして今回注目する、歌手・俳優・声優などの芸能人という項目では、女子中学生で1位、女子高校生で3位にランクインしていました。対して、男性中高生ではこの項目がトップ10にも入っていませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで、この先議論を進めるため、歌手・俳優・声優にあこがれる学生たちの中には一定数アイドルにあこがれる子がいることを示します。

日本の芸能界における「アイドル」とは、成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物を指す[2]。と定義されています。

キャラクター性を全面に打ち出し、歌・演技・お笑いなど幅広いジャンルで活動を展開しやすいのが特色である[2]

“存在そのものの魅力”よりも“音楽的スキル”が主たる職業能力である場合には、「アイドル」には分類されず「アーティスト」や「ミュージシャン」などと呼ばれる。

以上Wikipedia参照

歌手・俳優・声優などの芸能人という項目において、3つの項目がひとくくりにされていることに注目します。これは例えば、声優にもなりたいし、歌手にもなりたいとか、俳優と歌手を一緒にやりたいとかの人の割合が含まれていることを示しています。アイドルの定義から、このように歌手と俳優同時に目指したいという人の中には、アイドル的人気を目指す人、つまりはアイドルになりたい人も存在することは十分に言えます。

ーーーーーーーーーーーーーー

将来なりたい職業 回答結果から、男性と女性の将来の夢の違いがわかりました。

アイドルにあこがれる女性と、アイドルにあまりあこがれない男性ということが言えました。

参考資料おわり。

 

 

オススメ記事

アイドルの 妄想 を維持させる方法










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトを運営しているアイドル好きな大学生。自己紹介は「平静と情熱を合わせ持つまっさおな太陽!」イメージカラーは灼熱ブルー。