アイドルの実力UPのために、ダンスのプロリーグ「Dリーグ」とは調べてみた。「見方、見せ方が分かる」

Dリーグ

スポンサーリンク




こんにちは。アイドルを研究しています。アイドルオタクブロガーのりょうすかです。

 

アイドルのみなさんは歌とダンスを両立できていますか?

一番上手い人のダンスを知らないままレッスンしていると、上達に無駄な時間がかかってしまいます。

 

問題は今までは、プロのダンサーを見れる機会がなかったことです。

そこで今回は、2021年にできた日本初のダンスのプロリーグ、「Dリーグ」について分かりやすくまとめてみました。

 

 

「Dリーグ」とはなに?

プロのダンサーとは一体どれほどの実力なのでしょうか?

公式サイトの内容をサクッと分かりやすくまとめてみました。

D.LEAGUE情報 | D.LEAGUE(Dリーグ) (dleague.co.jp)

 

簡単にいうと、「ダンスを広めよう。評価の基準を作ろう!」という試みらしいです。

すごくいいですね!!

 

D.LEAGUE(Dリーグ)とは、日本発のダンスのプロリーグです。

MISSION

世界中すべての人に、「ダンスがある人生」をもたらす。

D.LEAGUE以外も含めてダンスの裾野を広げ、

全ての人に「人生に欠かせないもの」にしていく。

 

VISION

ダンスの見方・見せ方のNEW STANDARDをつくる

この「新しい共通認識」から、ダンスの民主化をはじめていく。

 

ダンスや歌はその曖昧さゆえに、世間から正しく判断されていないと、アイドルを見て感じていました…。

この試みによって、アイドルの正しい評価、地位の向上に繋がりそうです。

 

 

Dリーグに在籍のプロチームをご紹介

現在11のプロチームがあるそうです。

 

英語なので、Jリーグよりカッコよくていいですね!

 

 

プロのダンス見てみた

YouTubeにダンス動画がUPされていました。

 

これがプロのダンス!

CHAMPIONSHIP FINAL・avex ROYALBRATS/Dai-ichi Life D.LEAGUE 20-21 CHAMPIONSHIP – YouTube

 

ダンスは集団行動のような要素が大きいんですね。

息ピッタリです。

 

ソロも!これがプロのダンス!

【ソロダンス】プロダンサー CyberAgent Legit / Kotori – YouTube

骨がないくらい、なめらかですね。

 

プロレベルのダンスを目に焼き付けました。

 

最重要!!!審査・得点について

ここから、絶対的なダンスの評価方法が分かりそうです。

ジャッジポイント

DANDER JUDGE 4人

ENTERTAINER JUDGE 4人

80点

 

オーディエンスポイント

非会員から年額会員で最大5票を投票できる。 無制限人

(得票数で20点を分け合う)

20点

合わせて100点満点

 

 

ジャッジとオーディエンスで評価項目が異なります。

 

共通

  1. クリエイション
  2. スタイル
  3. 完成度

 

DANDER JUDGE

  1. スキル
  2. コレオグラフ

 

ENTERTAINER JUDGE

  1. エナジー
  2. 表現力

 

 

たとえばスキルはこのように説明されています。

こんな感じの説明がそれぞれにあります。

 

残念ながら明確な評価基準は無いようです。

 

「Dリーグ」の視聴方法は?

ここから実際にプロのダンスを見ることができます。

 

生配信の視聴方法

下記の方法で見ることができます。

公式アプリ…App Store、Google Play

各種配信サービス…ニコニコ、GYAO!、ABEMA、U-NEXT、LINE LIVEなど

 

 

チケットを買って会場で見る方法

会員登録⇒公式アプリからチケット購入(Eチケ、ローチケへの会員登録が必要)

詳しくはこちらの公式サイトから。

チケット購入 | D.LEAGUE(Dリーグ) (dleague.co.jp)

 

 

まとめ

Dリーグを見てみた率直な感想は以下の通りです。

  • ダンスの評価基準は曖昧。これから明確化されることに期待。
  • プロのダンスは確かにとても上手だったので、アイドルが参考にするのに良い。
  • 「集団行動」のようなパフォーマンスがトレンドのよう。アイドル業界にも影響してきそう。

 

 

これからアイドルを目指す人たちにとっても、目指すところが見えてくる、とても良い試みだなと思いました。

 

 

そんなDリーグの先生が教えてくれるダンスレッスン「スポとも」があります。

メリット

  • 「Dリーグ」で活躍する現役プロダンサーも在籍
  • 料金が安い。月額5500円~とスタジオレッスンの約1/8
  • 提供できるジャンルは人気のKPOP、HIPHOP、JAZZ、をはじめ20種類以上

デメリット

  • アプリの機能(先生と自分のダンスの比較)が不便
  • 添削が月6回まで

 

今すぐこちらをクリック⇓

 

 

手間を増やさずファンを獲得するにはファンの気持ちを知ろう

今すぐこちらをクリック⇓

【オタクの気持ちが分かる】あいどるらぼの アイドル活動 に役立つ記事まとめ【これを読めば完璧!】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼