もうアイドルしか 信頼 できないから、どうか裏切らないで欲しい。

信頼

スポンサーリンク




もうアイドルしか 信頼 できないから、どうか裏切らないで欲しい。

 

友達でもないアイドルを信頼するなんておかしいと思われるかもしれないけれど、私は本当にアイドルを 信頼 している。

 

アイドルを信頼するようになったのは、世の中に失った信頼を取り戻すためだった。

 

元々話すことや、人付き合いが苦手だった私は、信頼を積み重ねていくことができなかった。良いように使われたり、裏切られることに嫌気がさしていた。

 

それは私に原因があるけど、いろいろなことが重なり何も信頼できなくなってしまった。

 

孤独の辛さから逃れるために、信頼できるものをいつも求めていた。そこから私はアイドルを見るようになった。

 

アイドルは決して裏切らない理想の側面と、努力して人気を得ている現実の側面を持っていた。

 

つまり、裏切らない仮想の側面を、努力する現実の側面が本物のように感じさせてくれる。

 

何度も裏切られ嫌気がさしていた私にとって、アイドルを好きにならない理由はなかった。アイドルが世の中で唯一信頼できる存在だった。

 

アイドルを応援するのはある意味、誰かを信頼する練習みたいなものでもあった。

 

アイドルは理想と現実の両方を見せてくれる。つまり半分は現実なわけで、アイドルを見ているオタクはまだ、世の中に「信頼できる人間がいるかもしれない」という希望を持っている人たちだ。

 

私は確実に信頼できるアイドルを見つつ、心の傷を癒して、いつかは現実の世界に戻りたいと考えている。

 

私だって現実の世界に信頼できる友達が欲しいし、その先にはもちろん恋愛もしてみたい。

 

信頼の先に恋愛があるから、私は恋愛などしたことがなかったし、世の中から遅れをとっていた。

 

オタクは疑似恋愛していると言う世間と、疑似恋愛などしていないと言うオタクの主張の食い違いはそこにあるだ。オタクにとって恋愛よりもまず、信頼できる人がいることが大切である。

 

オタクはアイドルを見ることで信頼を取り戻したい。その先に恋愛してみたい気持ちがあるのだけれど、それらが入り混じってしまっている人もいる。

 

アイドルが信頼できる存在であることを考えると、オタクの行動の謎が解けてくる。

 

例えばなぜオタクは10代の少女に熱狂し、応援するのかというと、信頼できそうだからだ。これは感覚の問題で、大人と少女のどちらが意地悪で性格悪いか考えたときに、大人の方が意地悪で性格悪いのは誰もが思うことだ。

 

例えばなぜオタクがアイドルの恋愛に敏感なのかというと、信頼が裏切られてしまったと感じたからだ。

信頼と恋愛は近い関係にあって、それらが混同してしまったことに原因がある。アイドルが恋愛をする、つまりは信頼されていないと感じてしまう。

 

また例えば、なぜオタクが何度も握手会に行くのか?という疑問も、オタクが信頼を得たいことを考えれば納得のいく話だ。

何度も握手して、裏切らないかどうかを確かめているように私には見える。

これら行動の全ては、「オタクの信頼できる人が欲しい」という気持ちに繋がっている。

 

アイドルに対して、裏切らないで欲しいとは言ったものの、私たちオタクもいつまでもアイドルの優しさに甘えていてはいけない。

 

ただオタクがこんな気持ちでアイドルを応援しているというのはアイドルの皆さんにもぜひ分かって欲しい。

 

オタクはアイドルから元気を貰ったなら、世の中に信頼できる人を探しに行かなければいけない。

 

関連記事:きっと世の中の冷たさを知らないからアイドルを 優しい と思わないんだろう










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼