在宅オタク が現場(ライブ)に行かない理由。

在宅オタク と現場オタク

スポンサーリンク




こんにちは! 在宅オタク のりょうすかです。

 

私は10年間アイドルオタクをしていますが、いままで1度もライブに行ったことがない、いわゆる在宅オタクです。

 

ライブにバンバン行くオタクやアイドルの皆さんからすれば、なぜ在宅オタクなのか疑問にもつ人も多いのではないでしょうか?

 

実は、

在宅オタクをすることで見える、核心的なアイドルの魅力があるからです。

 

たぶん現場からでは見えにくいと思います…

私はアイドルのステージ上での姿よりも、舞台裏の姿に注目しています。

アイドルの魅力は舞台裏を知ってこそなんですね。

 

そこで今回は在宅をすることで見えてくる、アイドルの魅力をお伝えします。

 

なぜ 在宅オタク なのか?

まず前提として学校という過酷な環境の中では、アイドルという心の支えが必須でした。

しかし、以下の理由で現場に参戦することができなかったんです。

 

① 好きになった当時、学生だったから

①‐1地方に住んでいた

学生時代はライブに行く時間がとれませんでした。

私の地元にはライブ会場などなかったので、ライブに参加するには都会に出る必要がありました。(東京まで3時間)

アイドルを好きになった高校2年生のときは、部活に勉強、人間関係と忙しかったので、体力的にも気持ち的にも落ち込んで動けなくなってしまうことも多かったです…

 

①‐2お金がなかった

学生時代にはライブに行くお金がありませんでした。私の通う学校はバイトも禁止されていて、数千円のライブ代金は致死量です。

 

①‐3オタク趣味を打ち明けられなかった

周囲の友だちにオタク趣味を打ち明けられませんでした。

好きになった当初、アイドルを見ることは恥ずかしいことだと思っていました。

今思えば、なんの根拠もないただの思い込みです。(私が幼かった…)

だから親にライブに行きたいなんて言えませんでしたし、一人で参加するにも無理がありました。

 

 

そこで別のアイドルの見方を模索しました。

 

② 在宅オタク だけで十分心を支えられた

人間関係の辛い学生時代でしたが、アイドルのYouTubeやインターネットを調べているだけで、充分心の支えを得ることができました。

私は現場でアイドルの現在を知れない分、ブログからアイドルの過去を調べることをたくさんしていました。

特にももクロのストーリーについて深く調べていくのが楽しくて。

 

私はしおりんと同い年なのですが、私より大変な環境に立って、日々大きく人気者になっていく彼女の努力や、そこから生まれるメンバー同士の関係性に感動したんですね。

“その感動を感じるのに”現場に行く必要はありませんでした。もちろん会場で見たらもっと素晴らしいはずです。しかし、ブログやYouTubeで日々レッスンしてる姿を見れるだけで、充分心が満たされていました。

 

在宅オタク することで見えてきたアイドルの魅力

①②をまとめると、私がライブに行かない理由は、

「ライブに参加しなくても、アイドルは充分心の支えになってくれるから」でした。

 

現場オタクと在宅オタクの違いは、アイドルの表舞台と舞台裏、どちらを重んじているかの違いだと思いました。

どちらもそれぞれの魅力があると思いますが、

それでもアイドルを心の支えにすることは、ライブに通わずともできたのです。

 

私にとってはアイドルがステージに立つことよりも、どういう経緯でステージに立ったかの方が大切で、ももクロの紅白出場は路上ライブから叶えたからこそ感動するのです。

 

在宅オタクの理由を考えたら、アイドルの魅力を再確認できました。

 

在宅オタは無銭がっつきなわけじゃない!:

暇すぎる おうち時間 を楽しくする過ごし方。アイドルソング8選!

 

 

🔷Twitter🔷

コメントよろしくでさ










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼