今のこの アイドルへの違和感 を忘れない

アイドルへの違和感

スポンサーリンク




いつも感じる アイドルへの違和感 。

絶対に忘れないようにしようと想う。

この「違和感」は自分の弱さなのかそれとも自意識過剰なのか。

「アイドル」という単語からくるこの違和感。

「アイドル」という趣味を公にできないこの違和感。

いつも通勤電車の中で、画面の「アイドル」が他人の目に入らないタイミングを伺って文章を書いている。

わたしだけが感じている気持ちなのだろうか?

いままで自分は「アイドル好き」なことをひた隠しにしてきた。

他人の目なんて気にしなくていいって話を聞くけどやっぱり気になるし、視線を感じて通知画面を下ろす。

 

でもふと最近、逆に他人を気にしていいんじゃないかって思った。

その気持ちがわたしにとっての原動力になってる。

そんな世間の目がいつだってわたしに恥ずかしさを覚えさせてくれたし、みじめな思いもしてきた。だからこんな世界変えてやろうって想った。

今では逆に「他人の目線」がありがたく感じる。

そんな状況にあるってことは、いつだってそれを変えるために努力できるし、もちろん変わる可能性だってあるってことだ。こんなチャンス他にはない。

 

絶対に変えてやろうと想う。

 

 

今この違和感を忘れない。










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼