【初心者におすすめ】 在宅 オタクがアイドルの楽しみかた教えるよ

在宅 アイドルヲタクの楽しみ方

スポンサーリンク




こんにちは。 在宅 アイドルオタクのりょうすかです。

 

アイドルに興味があるけど、現場に行くのが不安…。てことありませんか?

 

このままではせっかくのアイドルの魅力も、見逃してしまうかもしれません。

問題は現場の雰囲気、アイドルの魅力、どんなファンがいるか分からないことです。

だから遠巻きに様子をうかがってから、現場に行けるといいですよね。

今回は在宅オタクの私が、 在宅でアイドルを楽しむ方法 についてご紹介します。

 

ライブや握手会、物販など…現場以外にもアイドルの楽しみ方はたくさん。

私は在宅が楽しすぎて、10年間在宅のみでオタクをしています(笑)

 

在宅 オタクの楽しみかた1. 公式YouTubeを見る

在宅オタクは動画サイトからアイドルを見ています。

YouTubeには公式のpvやライブ映像などが投稿されています。会いにいけないときでも無料で、手軽に見れるのが良いところ。

オススメは歌詞を調べてから曲を聞くことです。

歌詞を知ると、曲の良さがまた変わってきます。

 

 

たとえば私が大好きなエビ中の「また明日」という曲。

みれいちゃんのパートに、”永遠に変わらない メロディ?orメモリー? キラリ刻むよ~”ってところがあります。

片方は完全に私の空耳なのですが、どちらでも意味が通じそうです。

 

でも正しい歌詞は”メモリー”。

メモリーだと、離ればなれになる友達との思い出を表していて、いいなぁと思いました。

歌詞を調べることで、曲がさらに奥深くなり、美怜ちゃんのことがさらに好きになります。

 

 

また、ライブ映像とPVでは伝わってくる魅力が違うので、2つ聞きくらべてみるのも面白いです。

ライブ映像:アイドルの感情が伝わる、会場の熱気を感じれる

PV:よりきれいな歌声が聞ける、曲の世界観に浸れる

 

初現場の予習にもオススメです!

 

広告:オリジナル アクキーも作れる!

在宅オタク活動を楽しもう アクキー うちわ

 

在宅 オタクの楽しみかた2. ブログを見る

在宅の楽しみかたの基本はアイドルを知ることにあります。

アイドルの物語を知るとパフォーマンスの深みが増していきます。

 

たとえば、そのグループがどういう活動を経て、今に至るのか。

路上ライブから活動を始めて、大きなステージに立ったアイドルには、そこに至るまでの感情や努力がたくさん詰まっています。

その感情や努力を知って見聞きする彼女たちのパフォーマンスは、より素晴らしいはずです。

 

アイドルを知るためにはブログを見てみましょう。

ブログの良いところは、過去の事が残っていることです。いつでもアイドルたちの過去を知ることができます。

  • 毎日レッスンを頑張っていること
  • どんな旧メンバーがいたのか
  • 日常のことや流行りのこと

 

(ときにはアイドルのプライベートが見れたりもします。)

ブログはアイドルの努力を知る貴重な場所です。

 

 

在宅 オタク の楽しみかた3. SNSで会話する

SNSはオタクに、アイドルと会話する機会をくれます。

アイドルと会話するなんて握手会以外になかなかありません。

こちらを振り向いてくれたらとても嬉しいですよね。

 

アイドルはSNSで情報発信してくれるので、それに返信してみましょう。

いいねやコメントをもらえることがあります。

 

アイドルからいいねをもらうために、どうしたらアイドルが嬉しいかを考える。それもまた楽しいです。

 

広告:アイドルの今を写真に残そう!

 

在宅 オタクの楽しみかた 4. オンラインライブを見る

アイドルを見る機会って、会場に出向く以外になかなかありません。

オンラインライブとは、ネット上で見れるライブのこと。

ライブの模様をそのまま配信しています。

(コロナ渦をきっかけに発達しました。)

 

 

画面上から、アイドルの熱量やファンの声援を感じれるのが魅力です。

俯瞰で見られるので、ライブの流れや、コールも覚えやすい。

コメント欄がありますので、同じ在宅の方とコミュニケーションを取り、どんなファンがいるか知れるのも良いところです。

 

 

 

以上、在宅オタクの楽しみかた でした。

現場に行かずとも、部屋でアイドルを楽しむ方法はたくさん。

自分なりのスタイルでアイドルを楽しみましょう⤴️

 

 

在宅オタ活を楽しくするアイドルソング!

こちらをクリック⇓

暇すぎて鬱になりそうな おうち時間 を楽しくする過ごし方。アイドルソング8選!










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼