断食 してアイドルを純粋に好きだったあの頃に戻りたい。

断食 してアイドルを純粋に好きだったあの頃に戻りたい。

スポンサーリンク




以前から不思議に思っていました。

 

「社会人になってから、純粋にアイドルを楽しめなくなってきた。」

 

仕事をするようになってから、高校生や大学生の頃のように毎日アイドルをみることが少なくなってきました。

 

 

すこし予想するところがあって、

最近、マズローの欲求5段階というものを知りました。

アメリカの心理学者アブハム・マズローによれば、人間の欲求は5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するという。

 

(心理学の世界ではかなり有名な理論だそう。)

たとえば生理的欲求(食欲、睡眠、性欲)が満たされると、悩みは安全欲求(人間関係の悩み)の次元に行くそうです。

 

社会人になって食欲と性欲が満たされてるから(童貞ですけど)、人間関係の悩みを強く抱えるのじゃないかって思いました。

つまりアイドルを見なくなってしまうのは、「お腹いっぱい」っていうのも理由の一つなんじゃないかって。

あえて低い次元の欲求の一つを欠いてみて、アイドルのことを深く考える余裕をなくせば、アイドルを純粋に楽しめるのじゃないか?と思いました。

 

そこで今回は、オタクが断食をすることで、もう一度あの頃のように純粋にアイドルを楽しむことができるのか調査してみます。

 

 

現状把握

どれくらいアイドルが好きなのか?

アイドルを好きになったのは高校2年生(16歳)の時。

それから9年間(現在25歳)アイドルを応援してきました。

最近しおりんが大好きになってきました。(2週目)

ソロ曲の「涙目のアリス」がめっちゃいいんですよ...。

 

Twitterでも毎日発信してるのでそちらからも私のアイドル好き具合がわかるかと思います。

https://twitter.com/ryousuka_

 

 

アイドルのことを毎日考えていますが、

最近は思考がマイナスの方向に向かいがちです...

Twitteやブログでの発信でも、自分の考えが暗い方向に進んでしまいます。

Twitterでアイドルを見る。ブログを読む。YouTubeでMVを見る。グッズを買う。学生時代と比べて明らかに頻度が減ってきました。

 

これが断食によって改善するのでしょうか。

 

普段の食事

社会人になってから平日はいつもコンビニ弁当+αです。最近はカップ麺じゃないラーメンをプラスしだしました。

(最近の楽しみはセブンのカツカレーをぐちゃぐちゃに食べることです。)

断食 前普段の食事

おいしいんですけど、なんか満たされないんですよね...

インスタントラーメンでも嬉しくて満足していた大学1年生の頃が懐かしい。

お昼もおにぎりを作って節約していたのですが、いつからか変わってしまいました。

 

土曜日の朝はブログを書くので毎日マックです。

日曜はうちのごはん(すき焼きに肉豆腐)を使って自炊します。

 

こんな風に普段の食生活は荒れています。

断食で荒れた食生活も改善できたらいいな。

 

 

断食 の計画

そもそも断食とは...

断食(だんじき、英語Fasting)、絶食(ぜっしょく)は、飲食行為を断つこと。

現代では絶食療法(一般に言う断食療法)として医療行為ないし民間医療ともされている。

宗教的意味合いで行われるものだけではなく、最近は医療としても認識されているそうです。体だけでなく心の回復効果もあるそう。

たとえば、病気で寝込んでいるときに食欲がなくなるのは、本能的にモノを食べないことで体を回復させようとしているからなんですね。

だから断食は正式に効果が認められているそう。

 

 

断食は危険を伴う行動でもあるため、しっかり調べて行います。断食には3段階あります。

  1. 準備期間
  2. 断食期間
  3. 回復期間

 

私は以下のルールで進めていくことにしました。

ルール・・・

  1. 水などの飲み物のみOK(糖分は×)とします。
  2. 断食期間は2日間とします。
  3. その後ある方法でアイドルへの愛情を測定します。

 

個人でできる断食の期間は1日~3日とされているそう。3日以上の断食は医師の相談のもと行いましょう。私は今回、空腹状態を作ることが目的なので2日間の断食にしました。

 

 

準備期間

断食を効果的にするために準備を行います。

準備期間は断食する日数以上もうけます。

普段の生活があれているほど準備期間をしっかりとらないといけません。

今回は2日間の断食なのでしっかり2日間の準備期間を設定しました。

断食 前最後の食事

準備期間前、最後の食事↑

 

苦楽を共にしてきたマックポークともしばしお別れです。

断食前に食べるポテトはよりいっそう美味しかったです。

 

 

 

そして準備期間。この期間は野菜を中心に摂取します。

1日目。最初の食事はけんちん汁、炊き込みご飯を作りました。

 

断食 準備期間1日目の食事

これ、自分で作ったんですけど、けっこう美味しかったです。

 

こんなに野菜を食べるの久しぶりですが、野菜がある食事って満腹感が多いんですね。

次の日の朝夜も同じものを食べました。

 

 

3食目は会社の食堂で食べました。

断食中はなるべく和食がいいのですが、食券が売り切れてしまっていて、仕方なくカレーを食べました。

まあ小鉢と味噌汁もついてきて、家での食事より健康的なのでOKとしました。

 

 

2日目 

5食目昼は食堂で食べました。

ヘルシー志向のB定食が売り切れてしまったので、A定食を選択。

かしわ天みたいな定食を食べました。まぁギリセーフとします。

 

6食目夜、準備期間ラストのご飯は、うちのごはん(すき焼き肉豆腐)にしました。

オクラとめかぶのねばねばサラダ(ミニストップ)で、準備している感を演出していきます。

断食 準備期間 最後の食事

 

そして最後の日の夜は大好きなこのお菓子を食べました。

 

チョコケーキ

スカスカでおいしい!

 

 

 

断食 期

ついに断食スタート。

1日目の昼。昨日の夜から絶食15時間が経過しました。

ぜんぜんお腹が空いてません。

 

断食中は食事ができないぶん体温が下がり、免疫力が低下してしまうため、体を温めることが大切です。

温かいお茶を自販機で買いました。

 

1日目の夜9時頃。断食1日経過。

驚くほどお腹が空いていません。

お腹空いて寝れないかと思っていたのですが、ぐっすり眠れました。

断食で体温が下がっていたのか、起きたら異様に寒かったです。

 

断食中の相棒

今冬に買ったサーモスくん。

温かいお茶が体に染みわたります。

 

 

 

2日目

2日目の昼。鈍くお腹が空いてきました。

 

部活動のときに味わったような”猛烈な飢餓感”ではないので、まだ全然我慢できます。

仕事中、夕方ぐらいから鈍いお腹の減りと、軽い頭痛がありました。頭痛は単純に残業したからかもしれません。

 

帰宅する頃にはグーグーお腹が空いてきて、チャリを爆走して帰るくらい、食べることにしか頭が回らない状態になっていました。

これは正に、高校生の時感じていたあのゾンビ並みの飢餓感。今だけはアイドルのことは二の次です 笑

 

夜8時、断食検証終了!

この状態でアイドルを見れば、あの頃の感動が戻ってくるのか?

 

 

 

断食 後検証(回復期)

お腹が空いていますが、いちばんピュアな状態で検証を行うため、食事の前に検証を行います。

わざと目の前に食事を並べた極限状態で、あるアイドルの動画を見ます。

 

断食後初の食事↓

回復期 の食事

いきなりいつもの食事にもどすと体に負担がかかるため、お粥や野菜などの優しい食事をとります。

(今はとにかく早く食べたい…)

 

 

アイドルへの愛情測定は、

TIF2010のももクロ「走れ!」を見ることで検証します。

私がアイドルを好きになったきっかけの動画。

初めて見たあの頃のように、かなこの笑顔が胸に刺さるのか?

 

 

断食前に聞いた「走れ!」

「走れ!」はいつ聞いても何度聞いてもすばらしい曲ですが、初めて聞いたあの時のような、のめり込む感動はいつからか消えてしまった気がします。

思い出補正が乗ってしまっているというか。もう何十回と聞いてきた曲です。

断食前の動画の見かたは、すでに知っている見どころを待つというスタイルでした。そろそろサビのかなこの笑顔が来るぞ!みたいに。

なのでそれ以外の時間はすでに知り尽くしたものとして流れてゆきました。

 

 

断食後に聞いた「走れ!」

断食後では一人一人の表情が鮮明に目に入ってきました。

断食前に見たときは、ここまでメンバー1人1人に着目していなかったことが分かります。

 

「走れ!」というと、かなこのサビのシーンの笑顔がいつも印象的に浮かぶのですが、それはその強い記憶だけが残った状態だったのです。

実はあのシーンだけでなくこの曲全体の中で、ももクロのみんなの表情が、笑顔が、最高なんですね…

断食をすることで忘れていた気持ちを思い出しました。初めてももクロを見たとき、私はみんなのキラキラした笑顔に惹かれたのでした。

 

 

 

 

結論

断食することで、アイドルを純粋に好きだったあの頃に戻れる。

 

 

 

関連記事:ライブの 一体感 が新たなファンを生み出す【エリクソンの発達心理学】










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼