お金を稼ぐための会社員は夢を見つけたいひきこもりと変わらなかった。

ひきこもり

スポンサーリンク




こんにちは。会社員なのに ひきこもりのりょうすかです。

「会社員になっても、ひきこもりだったときの毎日と変わらない」

 

入社して7ヶ月が経ちましたが、同じ景色をもう何度も見ています。

このまま会社員を続けても人として成長できないと思いました。

 

会社員はまともで、引きこもりはまともじゃない。のが世間のイメージです。

しかし引きこもりの時の方が必死に毎日を生きていた気がします。

 

会社員とひきこもりで見る景色は同じだった

会社員として働く毎日は同じことの繰り返しでした。

  • 5分でも布団にくるまる朝。
  • 駅までの道。
  • 車内の窓に映る死んだ顔。
  • 顔をほぐし血行を良くする社内
  • 1日を忘れるように帰る定時間後
  • 眠くても起きていたい夜

 

景色、人、仕事。毎日が同じことの繰り返しです。

「同じ毎日を過ごす」社会人生活は、自宅で何度も同じ動画を見ていたひきこもり生活と同じでした。

 

「私は会社に引きこもっているのではないだろうか?」

次第にそう思い始めました。

 

広告:

 

会社内で見た ひきこもり

みんな会社にいてもどこかに居場所を探していました。

ほかの部署に頻繁に来る人、自分のデスク、喫煙エリア。

ひきこもりがアニメやアイドルを好きになるように。

 

仕事ができず部署を転々としていた人がいました。でもその人には最終的に、悪口を言われつつも受け止めてくれる場所がありました。

自分を変えようとすることもなくデスクに座っているだけで、だれにでも居場所が与えられるんだなって。

私がひきこもっていたときの方がきっとなにかを変えようとしていました。

 

会社にいるデメリットは誰にでも居場所が与えられてしまうことです。どんな状況でも自分の居場所があることは、ひきこもるよりむしろ悪いことでした。

 

私にも就職したときから自分の居場所(デスク)があります。無くなることのない居場所が。だから必死になって自分を変える意志を忘れ始めていました。(段々とやる気を失いました)

 

ひきこもっていたときの方が、動けないなりにも、もがき苦しんで必死に”なにか”を探していたなって。

同じ毎日の中にも、コンビニを変えてみたり、違う帰り道を歩いたり。見る景色を変えようとする自分を温めたい気持ちがありました。

 

ひきこもり にこそ自分を変える原動力がある

ひきこもりと社会人の両方を経験して分かったことは、ひきこもる時間にこそ自分を変えるチャンスがあることです。

そのときの無の時間、悲しさ、悔しさが自分を変える力になる。

いま思えばひきこもって動画を見ていた時間は無駄じゃありませんでした。

それはなにかを変えようとする時間だったから。働いてしまえばそんな気持ちは得られなくなるし、次第に忘れてしまう。

 

ひきこもる時間だけが、自分を変えられるチャンスかもしれないってこと。

 

自分の過去を取り戻すことに急ぐことはありません。

どれだけ時間がかかろうと、今が必ず成長できる時間だから。いつでも追い越せる。

どうやら社会人とひきこもりとの差はそこまで開いてはいないみたいです。

 

 

引きこもりの自分を変えるため。

こちらをクリック⇓

【殻を破る】24歳童貞のアイドルオタクが1人で 熱海秘宝館 に行ったよ










▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼